医薬部外品について

医薬部外品という言葉をよく目にすることがあると思いますが、どのようなものかわかりますか。薬ではないけれど何か効果があるような、そんなイメージがあると思います。医薬部外品は、医薬品と化粧品のちょうど中間あたりの物で、医薬的な効果がいくつか認められたものをメーカーが厚生省に申請し、認可された成分を化粧品に使用してできた商品が医薬部外品となります。医薬部外品は、医薬品とは違うので治療目的で使用するのは間違いですので注意が必要です。薬事法では、人体作用が緩和であること、治療に使用せず、人体に悪影響がないもの、というように決められています。薬用などと明記されている化粧品は、ほとんどが医薬部外品といって間違いはないでしょう。お肌のトラブルが起きた時、ほとんどの方が医薬部外品を手にすると思いますが、医薬部外品は医薬品ではないのでトラブルの完治にはなりません。あくまでも予防として使用するのが医薬部外品です。治療目的である時は、専門の医療機関にて薬を処方してもらうか、目的に合った医薬品を購入すると良いでしょう。また、医薬部外品の化粧品を使用する際には、他の化粧品と併用して使用すると、肌のトラブルの原因になる恐れがあるので注意が必要です。自分の肌の状態をよく把握し、医薬部外品を使うのか、医薬品を使うのか、普通の化粧品を使うのかをよく考えて使用すると良いでしょう。また、医薬部外品は全部の成分表示が義務付けられていないので、肌に合わない場合には長期の使用を避けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>