太陽光発電の設置

太陽光発電が欲しい、とても興味があるが、資金面でまだ踏ん切りがつかない。確かに太陽光発電は蓄電装置まで入れるとかなり高価になります。ローンを組まないと設置できないなどの環境の方もいらっしゃいます。また太陽光発電はいい商品だと分かっているが実際に設置してみないと分からない、売電で得をするのかと考えるという方も多いようです。そのような場合には、まずは最小システムで設置してみるというご提案をしたいと思います。

太陽光発電はシステムの出力が高ければ高いほどメリットが大きいですが、やはりイニシャルコストも高くなります。まずは最初に最低限のシステム設置で始めてみて、実際に効果を見てから増設するというスタイルをお勧めします。最低限のシステムとは、太陽光発電システムは6列回路からシステムを組めるメーカーがほとんどです。見積りの際に最低限のシステムで設置したい事を業者さんに伝えて交渉をはじめましょう。なにも工務店の言うとおり、最初からシステムを最大限にする必要は一切ありませんので、最初に南面でシステムを組み、増設を考える場合は西面、東面と増設していくというやり方もあります。

資金に余裕がない方でもこのような設置方法もありますのでご検討してみてはいかがですか?とりあえず工務店など太陽電池を設置できる会社に問い合わせて、ご自身の家庭の使用電気量と比べて相談するのも良いでしょう相談するのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>