太陽光発電のデメリット

現時点の太陽光発電は、デメリットというよりもこれからの開発課題と思った方がよろしいかもしれません。やはり、太陽光発電は、現状非常に「高価」です。これもほとんどが開発コストが償却されていないせいかと思います。今、省エネで注目が集まっている「LED電球」でさえ、高価ですよね。これも導入費はまだ高価ですが、使用電力、耐用年数を考慮すればお得なのかもしれません。でもいつかLED電球も従来と同価格帯の照明器具になると思っています。では、その他にどのようなデメリットが現在検討されているのでしょうか。太陽光発電の大きな特徴として「発電効率」が変動しやすいという要素があります。変動する条件として、大きく三つの要素が存在しています。一つは天候による変動です。太陽光発電は、天候によって、大幅に発電量が変化します。晴天時と比較して曇り・雨などのときには発電量が低下します。また、夜間や積雪では発電ができません。この時ばかりは電力会社による電力供給に頼らざるを得ないでしょう。

二つ目は太陽光発電の設置環境による変動が考えられます。太陽光発電の場合、太陽光の入射方向などによって発電効率が異なってきます。最も発電効率が高くなるのが、真南方向に傾斜角30度で、太陽光パネルを設置した場合です。これは設置する際に、業者さんとよくよく相談して設置しないと無駄になってしまします。

三つ目は、温度による発電量の変動が考えられます。太陽電池はその性質上、光エネルギーが高温である場合、発電効率が低下する特性があります。ですから単純に考えれば、真夏よりも冬のほうが発電量が多くなるということも考えられるわけです。意外ですよね。ただ、実際には太陽光の照射時間と気温の複合的な組み合わせによって発電量が変わってきますから、一概に暑い地域では太陽光発電は向かないとは勘違いしないようにしていただければと思います。このように太陽光発電のデメリットも把握されたうえで、ご検討いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>