太陽光発電の設置

太陽光発電が欲しい、とても興味があるが、資金面でまだ踏ん切りがつかない。確かに太陽光発電は蓄電装置まで入れるとかなり高価になります。ローンを組まないと設置できないなどの環境の方もいらっしゃいます。また太陽光発電はいい商品だと分かっているが実際に設置してみないと分からない、売電で得をするのかと考えるという方も多いようです。そのような場合には、まずは最小システムで設置してみるというご提案をしたいと思います。

太陽光発電はシステムの出力が高ければ高いほどメリットが大きいですが、やはりイニシャルコストも高くなります。まずは最初に最低限のシステム設置で始めてみて、実際に効果を見てから増設するというスタイルをお勧めします。最低限のシステムとは、太陽光発電システムは6列回路からシステムを組めるメーカーがほとんどです。見積りの際に最低限のシステムで設置したい事を業者さんに伝えて交渉をはじめましょう。なにも工務店の言うとおり、最初からシステムを最大限にする必要は一切ありませんので、最初に南面でシステムを組み、増設を考える場合は西面、東面と増設していくというやり方もあります。

資金に余裕がない方でもこのような設置方法もありますのでご検討してみてはいかがですか?とりあえず工務店など太陽電池を設置できる会社に問い合わせて、ご自身の家庭の使用電気量と比べて相談するのも良いでしょう相談するのも良いでしょう。

カプサイシンの摂取量

カプサイシンの摂取量は効果によって若干のバラつきがありますが、身近な平均的目安としては食事1回につき唐辛子を小さじ半分程度が良いとされています。小さじは調味料によって少し量が変わりますが、小さじ=5gなので1回の食事につき2gの唐辛子ということになります。

 

唐辛子2gに含まれるカプサイシンはおよそ6mgで、熊本大教授の育毛・発毛効果の検証では1日3回、カプサイシン6mgとイソフラボン75mg(大豆を約30g)の摂取を1週間続け、発毛効果が実証されました。よって育毛・発毛効果を期待するのであれば、イソフラボンも同時に摂取することをオススメします。

 

ダイエット効果や胃炎予防に期待する方は唐辛子を1回の食事につき小さじ1/4程度(1~2g)で良いでしょう。カプサイシンの入った調味料としては、コチュジャンや豆板醤は小さじ1が目安なので、こちらの方が料理の幅も広がります。また鷹の爪では唐辛子約1本分が目安となります。鷹の爪もパスタや炒め物など様々なものに活用でき、お子様も取り除きやすいので毎日の料理には取り入れやすいですね。

 

1回の食事につき、といっても「朝から唐辛子はちょっと…1度に摂取しちゃ駄目なの?」という方もおられると思います。もちろん1度に摂っても問題はありませんが、カプサイシンの血中濃度を保つことが1番良いとされているので、より効果を期待する方は朝・昼・晩の3回程度に分けて摂取することをオススメします。

 

カプサイシンは脂溶性なので、辛い物が苦手な方はヨーグルトや牛乳などと一緒に食べると辛みも和らぎます。またサプリメントでは辛みもないので、是非こちらもお試し下さい。

医薬部外品について

医薬部外品という言葉をよく目にすることがあると思いますが、どのようなものかわかりますか。薬ではないけれど何か効果があるような、そんなイメージがあると思います。医薬部外品は、医薬品と化粧品のちょうど中間あたりの物で、医薬的な効果がいくつか認められたものをメーカーが厚生省に申請し、認可された成分を化粧品に使用してできた商品が医薬部外品となります。医薬部外品は、医薬品とは違うので治療目的で使用するのは間違いですので注意が必要です。薬事法では、人体作用が緩和であること、治療に使用せず、人体に悪影響がないもの、というように決められています。薬用などと明記されている化粧品は、ほとんどが医薬部外品といって間違いはないでしょう。お肌のトラブルが起きた時、ほとんどの方が医薬部外品を手にすると思いますが、医薬部外品は医薬品ではないのでトラブルの完治にはなりません。あくまでも予防として使用するのが医薬部外品です。治療目的である時は、専門の医療機関にて薬を処方してもらうか、目的に合った医薬品を購入すると良いでしょう。また、医薬部外品の化粧品を使用する際には、他の化粧品と併用して使用すると、肌のトラブルの原因になる恐れがあるので注意が必要です。自分の肌の状態をよく把握し、医薬部外品を使うのか、医薬品を使うのか、普通の化粧品を使うのかをよく考えて使用すると良いでしょう。また、医薬部外品は全部の成分表示が義務付けられていないので、肌に合わない場合には長期の使用を避けるようにしましょう。

太陽光発電のデメリット

現時点の太陽光発電は、デメリットというよりもこれからの開発課題と思った方がよろしいかもしれません。やはり、太陽光発電は、現状非常に「高価」です。これもほとんどが開発コストが償却されていないせいかと思います。今、省エネで注目が集まっている「LED電球」でさえ、高価ですよね。これも導入費はまだ高価ですが、使用電力、耐用年数を考慮すればお得なのかもしれません。でもいつかLED電球も従来と同価格帯の照明器具になると思っています。では、その他にどのようなデメリットが現在検討されているのでしょうか。太陽光発電の大きな特徴として「発電効率」が変動しやすいという要素があります。変動する条件として、大きく三つの要素が存在しています。一つは天候による変動です。太陽光発電は、天候によって、大幅に発電量が変化します。晴天時と比較して曇り・雨などのときには発電量が低下します。また、夜間や積雪では発電ができません。この時ばかりは電力会社による電力供給に頼らざるを得ないでしょう。

二つ目は太陽光発電の設置環境による変動が考えられます。太陽光発電の場合、太陽光の入射方向などによって発電効率が異なってきます。最も発電効率が高くなるのが、真南方向に傾斜角30度で、太陽光パネルを設置した場合です。これは設置する際に、業者さんとよくよく相談して設置しないと無駄になってしまします。

三つ目は、温度による発電量の変動が考えられます。太陽電池はその性質上、光エネルギーが高温である場合、発電効率が低下する特性があります。ですから単純に考えれば、真夏よりも冬のほうが発電量が多くなるということも考えられるわけです。意外ですよね。ただ、実際には太陽光の照射時間と気温の複合的な組み合わせによって発電量が変わってきますから、一概に暑い地域では太陽光発電は向かないとは勘違いしないようにしていただければと思います。このように太陽光発電のデメリットも把握されたうえで、ご検討いただければと思います。

太陽光発電のメリット

皆さんが期待感一杯の太陽光発電ですが、ここではそのメリットをお話ししておきましょう。デメリットは別ページでお話しさせていただきます。

ただし、お気を付けいただきたいのは太陽光発電はまだまだ発展途上にあるということです。今、メリットだと思っていたものが近未来的にデメリットに変わる可能性もあるということをご理解いただきたいと思います。ここでは現在メリットとされていることを述べさせていただきます。

現在の太陽光発電の「エネルギー変換効率」は、他の発電システムなどと比較すると効率の低いものとなっています。ただ、これはあくまでも現時点での「技術的な課題」ということであって、「発電の仕組み」としてはまだまだ大きな伸びしろがあると思っています。

さらに、今言えることは、太陽子発電には普遍的に「廃棄物」が発生しないということではないでしょうか。他の発電システムでは、何かしらの「廃棄物」もしくは「副産物」が発生します。「火力発電」では、「排気ガスの発生」、「原子力発電」では「核廃棄物」という、大きな課題としていまだに存在しているように、発電の結果発生する要素が無いということはとても大きなメリットとなります。東日本大震災の「目に見えない」放射能の恐怖は、いつまでも忘れられることではありませんね。

また、「太陽光」というものは、あと50億年ほど枯渇することの無いエネルギーとして考えることができるエネルギーです。昼夜が存在していたり、雨、曇りなどの気象条件によって地上に太陽光が届かないという状況は存在していますが、基本的には始終地球には太陽光エネルギーが届いていますので、宇宙空間など、大気圏外での発電これから研究していくと、常にエネルギー資源が供給されている発電システムといえると思います。まさに不滅のエネルギーです。

最後に装置自体がメンテナンス容易な発電システムだと思います。太陽電池自体の耐用年数が約20年と比較的寿命が長いことに加えて、発電構造がとてもシンプルであり、他の発電システムと比較してとても容易にメンテナンスが可能な発電方法となっています。もちろん、まだまだ専門の技術者のメンテナンスが必要ではありますが、いつかはDIY的なシステムも誕生することでしょう。そういう意味では。まだまだメリットは大きくなると考えます。

性毛と無性毛

人間の体毛と性ホルモンの関係は様々で、エストリゲンとプロゲステロンの2つに代表される女性ホルモンがり、テストステロンに代表される男性ホルモンがあります。

しかしホルモン量や感受性などの個人差がもちろんあるため、性毛の表れ方や成長には個人差があります。

カプサイシンが含まれる食物

カプサイシンといえば「唐辛子」と大半の方が答えると思いますが、それもその筈。一般的な唐辛子の成分の約8~9割はカプサイシン類と言われています。唐辛子にも様々な種類があり入っているカプサイシンの量も違うので辛みも様々なのです。

 

カプサイシンの量を表す「スコヴィル値」というのがあり、有名な能鷹唐辛子では100,000~125,000のスコヴィル値が出ています。この数値は砂糖水で薄めて辛みが分からなくなるまでの希釈倍率なので能鷹唐辛子の場合、水で100,000倍に希釈すれば辛みが分からなくなるということです。唐辛子類にはピーマンも含まれますが、スコヴィル値は”0”なのでピーマンにカプサイシンは含まれていないということが分かります。

 

またスコヴィル値の基準となっている純粋なカプサイシン自体は、16,000,000スコヴィル値とされています。ちなみに「ワサビ」も辛みを感じますが、辛み成分がカプサイシンではない為スコヴィル値では測れません。

 

カプサイシンが含まれる食物は唐辛子を使ったものがほとんどなので、キムチやタバスコ等がおなじみでしょう。またキムチが国民食となっている韓国の料理は唐辛子を主とした辛い料理が一般的なので、食物からカプサイシンを摂る場合は韓国料理をオススメします。

 

韓国料理など、辛い物を食べる際には温かいものと一緒に食べるのが良いでしょう。カプサイシンには発汗作用があり辛い物を食べると汗がでますが、実際に体温が上がるわけではなく脳の温度センサー「ニューロン」を刺激して汗を出させています。汗が出ると実際の体温は下がっていくので冷えに繋がる場合もあるのです。

脱毛の危険性

自宅で自己処理している方々は危険性があることを忘れないでください。

処理するごとに肌がぶつぶつになってしまったり、毛穴が開いて目視できる状態になってしまったり、黒ずみを放っておくとどんどん広がってしまいます。

まず剃刀処理している方は剃刀負けといわれる、細胞感染から起こる病気の一種で正式には尋常性毛瘡といいます。

剃刀で剃ると表面の皮膚まで剃ってしまっていて、見た目はきれいに見えますが、実は無数の細かい傷がついているのです。この傷から黄色ブドウ球菌に感染してしまいます。治療には、抗菌薬の内服、または抗生剤を塗る必要があります。

毛抜きで処理している方は埋没毛といって生え始めた毛先が皮膚の表面に出られずに、中に埋没してしまった状態です。自分で皮膚を剝そうとすると雑菌が入って炎症を起こしますので完全に治すには皮膚科に行く必要があります。

剃刀でも毛抜きでも、脱毛テープや脱毛ワックスでも起こる場合がある毛嚢炎という病気もあります。毛穴の奥で毛根を包んでいる毛包に細菌が感染してしまい、痛みはほとんどないこともあります。痛みや痒みが生じる場合もあり、何より見た目が悪いです。

そういったリスクを考え、自己処理する方は脱毛後のケアをきちんと行うことを意識しましょう。

ではクリニックでの脱毛には危険性やリスクはまったくないのでしょうか。

レーザー脱毛に関しては極めて安全な脱毛法と言えるでしょう。しかしレーザー脱毛も医療である限り危険性が全くないとは言えません。

きちんとしたクリニックで脱毛した場合に限り、やけどが起こる確率0.8%で、色素沈着が起こる確率は1.4%といわれています。副作用が起こるのは非常にまれなことです。

青汁とアトピー

青汁はアトピーに効果があるの?

アトピーというと知られている治療法としては、ステロイド薬を塗る方法があります。ただ、ステロイド薬に抵抗があって、つい塗る量を減らしてしまい、結果治療が遅れてしまう人も少なくありません。アトピーの人で青汁を飲んでいる人には、症状が改善された人も少なくありません。青汁とアトピーの関係を探ってみましょう。青汁を飲んでいる人の調査によると、青汁を飲んでいない人に比べて、アレルギー反応値の減少が判明しました。また、肌の水分量も高く、乾燥しにくい状態になっています。乾燥することによる痒みやつい掻きむしってしまうということを防いでくれそうです。実験によるとケールの青汁には、保水力を高める成分が含まれていることが判りました。アトピーの症状がある方は、ケールの青汁から試してみてはいかがでしょうか。

 

アトピーに有効な成分

青汁に含まれているアトピーに有効な成分について見てみましょう。青汁にはビタミンC・ベータカロテン・カテキン・ナイアシン・パントテン酸・乳酸菌・ビタミンB6などといった皮膚や粘膜を健康に保つ成分、アレルギーを緩和する成分が含まれています。乳酸菌はヨーグルトに含まれていますし、ベータカロテンやビタミンCも野菜に含まれていますね。毎日摂り続けるのが難しい食品の代わりに青汁を飲むことは、とても効率が良いと言えます。

 

青汁によるアトピーの治療について

ただし注意をしなければならないことがあります。青汁は体を冷やす作用があります。なるべく普段の食事でも体を温める食材を摂るようにしてください。普段から体を冷やす食べ物を食べている人にとっては、悪化する場合もあります。野菜もしっかり摂るようにしましょう。アトピーの方の治療法としてはステロイド薬を塗るということは、とても心配されると思います。けれど体への害を心配して量を少なくするよりも、しっかり適量を塗ることが改善の近道です。また、症状を深刻に捉えて心配しすぎることも、かえって悪化させる場合もあります。青汁を補助的に利用して気持ちを楽にしたほうが、効果が期待できると思います。