青汁と便秘

どうして青汁は便秘に効果があるのかというと、食物繊維が豊富に含まれていて、

 

便秘のタイプ

便秘にも種類があって、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘の3タイプがあります。日ごろ運動不足・野菜不足でおなかが張っていたり、便意がない方、便通がない方は青汁を試してみる価値はありそうです。便秘と下痢を繰り返したり、下痢と便秘を繰り返す方はストレス性の可能性があるので、あまり青汁を飲んでも期待できないかもしれません。

 

青汁で腸内改善

青汁は粉末でも錠剤でも水分を必要としますから、あまり水分を摂らない方でも水分補給ができます。便秘対策に適した青汁も販売されていて、オリゴ糖配合の青汁もあります。

カプサイシンの使用例

カプサイシンの使用例といえば、身近なところではやはり日々の料理でしょう。

唐辛子の主成分となっているので、様々な料理に使うことができます。カプサイシンには中枢神経を刺激する効果があるので、夏バテで食欲がないときにオススメです。また血行促進や発汗作用があるため、冷え性の方や新陳代謝が悪い方にも効果を発揮します。カプサイシンは内部からも働きかけてくれるので、冷房の冷えにも有効です。

 

そしてカプサイシンはエネルギー代謝を促進させるので、脂肪の分解や疲労物質も分解します。そのためダイエット効果はもちろんのこと、疲労回復にもつながります。その他にも健康分野では様々な効果・効能が見られるため、唐辛子を毎日のお料理に取り入れてみてはいかかでしょうか。また健康分野での効果に期待し、カプサイシンを使用したサプリメントも多く販売されていますので、効率よく取り入れたい方や辛いものが苦手な方にはこちらをオススメします。

 

カプサイシンは疼痛等の緩和に効果があり、医薬品でも使用されています。1997年以降には多くの製薬会社で神経因性疼痛等の改善をする鎮痛薬を研究・臨床開発を行っています。

 

次にカプサイシンの殺菌作用と防腐作用に注目した使用例といえば「キムチ」が有名ですが、実は建造物等にも幅広く使用されています。神社から公園のベンチにまで使用される場合があり、防腐作用としてだけではなく害虫や鳥獣の防除にも効果があるため、モノづくりの現場でも注目されています。

カプサイシンとは?

「カプサイシン(capsaicin)」は唐辛子の主成分として有名な、カプサイシノイドとも呼ばれる化合物のひとつで医薬品にも使用されています。

唐辛子を食べると「辛い」と感じますが、この辛みはカプサイシンが「痛覚」を刺激して感じているものなのです。

 

カプサイシンはアルカロイド(天然由来有機化合物の総称)のひとつで、元祖アルカロイドはあの有名なモルヒネと言われています。モルヒネは依存性の強い麻薬の一種ですが、疼痛等を緩和させる効果があり、カプサイシンには麻薬性はなく同様の効果が見られます。

その効果を利用し、疼痛治療や糖尿病性神経障害による痛みの改善にも使われています。

 

医薬品にも使われるカプサイシンですが、2010年には建国大学教授らの研究結果として「カプサイシンは癌発生を促進させる物質」として発表されました。あくまで促進させる物質ということなのでカプサイシンそのものが癌を誘発するわけではありません。またカプサイシンは唐辛子の主成分ですが、調理に使っても問題はないと実証されています。

 

カプサイシンは中枢神経を刺激し脂肪の分解の促進・発汗作用・肥満予防・血行促進など様々な効能があり、身近な例ですと辛い物を食べると汗をかくのも、カプサイシンの発汗作用が働いているからなのです。その効果を期待しダイエット食品や健康食品等にも使われています。

 

日常で取り入れやすい成分なので、カプサイシンの効果・効能を知り、より有効に使ってみてはいかかでしょうか。

Vライン脱毛

Vラインとはビキニラインの体毛のことです。女性は水着を着る季節になると気になる部分ですね。

Vラインの陰毛の形は人によって全く違ってきます。特に脱毛の処理をしていないVライン陰毛は形や濃さも人それぞれです。

一般的ですが、海外では陰毛を脱毛し、縦に2センチ幅くらいにしか残さないという人もいるようです。

また、Vラインの陰毛が濃い薄いで脱毛の仕方も変わってきます。元々陰毛が薄い人は脱毛処理しすぎてしまうと完全になくなってみえてしまう場合もあるので、ある程度残した方が見栄えがいいかもしれません。

ただ、自己処理の場合だと、場所も場所なので難しいかと思います。Vラインはプロに任せる方がいいでしょう。

近年ではIラインやOラインの陰毛の脱毛も人気がるようです。Iラインの脱毛は陰部が清潔になるため、生理のときなどのムレや痒みが軽減されるので女性には大変嬉しいですね。Oラインの脱毛も下着にTバックなどを使用する人にとっては必要といえるかもしれません。

Vライン陰毛の処理という点では脱色という方法もあります。脱色とは毛の色を薄くして目立たなくするということです。

陰毛の脱色をするには市販の脱色剤を使用しますが、刺激が強いものが多いです。陰毛は元々他の体毛に比べて太い毛なので思っているより脱色効果を得られないこともあります。使用の際には、性器に脱色剤をつけないように注意しながら行う必要もあります。

結構危険で大変な方法なのでVラインに関しては脱色はお勧めできません。

永久脱毛

お手入れを毎日の生活の中から消すことで相当な時間を確保できます。

1本1本処理するのでレーザー脱毛や光脱毛で起こりがちな技術的なミスや光が当たらなかったなどを防げます。

脱毛が完了してもホルモンバランスの変化でまた生えてくることもあるようなので、現段階では確実な永久脱毛方法とは言えないようです。

ただ、うぶ毛も含めて完全に無毛状態にするのはほぼ難しいと言われています。

どの脱毛方法でやっても毛質や肌質などに個人差があるので、必ずしも永久に脱毛できるかと言い切ることはできません。

また脱毛の次期ですが、夏までに脱毛したいと考えている人は春からと夏にかけて行うものと思っている方が多いようです。しかし、毛の毛周期の関係から毛の量や性質などの個人差によって異なりますが、例えばレーザー脱毛する場合2カ月に1度の照射が必要で完全に永久脱毛完了までには約1年弱必要になってきます。

カプサイシン

唐辛子を食べると「辛い」や「痛い」と感想がでますよね。実はこの辛み、カプサイシンが「痛覚」を刺激して感じているものなのです。辛い物を食べて汗をかくのもカプサイシンの効果のひとつ。体内に入るとアドレナリンの分泌を活性化し発汗作用を促すので、汗がでてくるのです。その「カプサイシン(capsaicin)」とは主に唐辛子の主成分で、カプサイシノイドと呼ばれる化合物であり医薬品にも使用されています。

カプサイシンはアルカロイドのひとつで…と言ってもアルカロイドって何?という方も多いと思います。アルカロイドとは天然由来有機化合物の総称で、元祖アルカロイドはあの有名なモルヒネと言われています。モルヒネは疼痛を緩和させるものであり、カプサイシンにも同様の効果が見られます。

医薬品としても使用されているカプサイシンですが、2010年9月に建国大学教授らの研究結果として「カプサイシンは癌発生を促進させる物質」として発表されました。ご存じの方も多いのではないでしょうか?しかし理解して頂きたいのは、あくまで促進させる物質ということなのでカプサイシンそのものが癌を誘発するわけではないということです。唐辛子の主成分ではありますが、唐辛子にはビタミンCやカロテノイドなどの生理活性成分が大量に含まれているので調理に使用しても問題はありません。

またカプサイシンは中枢神経も刺激するので脂肪の分解を促進する効果もあり、発汗作用・肥満予防・血行促進など様々な効能があるので、ダイエット食品や健康食品・サプリなどに使用される場合も多く見られます。

防犯グッズとしてもカプサイシンは使用され、一般市販されているほとんどの催涙スプレーはカプサイシンが主成分となっています。スプレーを浴びると皮膚がヒリヒリ痛み、涙が止まらなくなるので、取り扱いには充分気を付けましょう。

カプサイシンの様々な使用法をご紹介しましたが「効果・効能」を理解し、是非自分に有益な使い方を探してみて下さい。

脱毛

人体には毛穴があり、毛穴からはいろいろな部分に毛が生えています。無駄毛を処理することを脱毛といい、脱毛はとても身近なものになっています。

もともと男性は鬚を剃るといった習慣はありましたが、その他には髪の毛の手入れ以外あまり行われていませんでした。

ボディビルダーが全身を脱毛するほか、逆まつげや小耳症、多毛症のための処置として脱毛することがありました。

ではなぜこんなにも脱毛が身近なものになったのでしょうか。近年では女性は肌の露出するファッションが増えたためスカートやキャミソールを着る夏には特に剃毛するか、脱毛するかでムダ毛を処理することは身だしなみになってきているようです。

ちなみに、剃刀では皮膚表面に出ている毛しか剃れません。毛抜きで毛を根元から抜いたと思っても、毛根を残してしまっていると毛が再び生えてきてしまいます。

そこで脱毛の仕方でも近年特に注目を集めているのがレーザー脱毛と呼ばれる治療法です。

レーザーによる毛包部分の組織破壊により、発毛が起こらないようにするのが医療レーザー脱毛です。

レーザーはもともとシミや痣の治療用に利用されていたレーザーだったのですが、治療中に脱毛効果があることが判明し、脱毛処理に応用されるようになったのです。

毛は多くのメラニンを含んでいます。そのメラニンにのみ吸収されやすい特性を持つレーザーを皮膚に照射すると、メラニンを選択的に破壊することによりレーザーで脱毛できるということです。結果、毛の再生を遅らせたり生えにくくしたりできます。

レーザー脱毛器が開発された当時は針脱毛が主流でしたが、針脱毛よりもはるかに無痛というメリットにより人気を増し普及したと言われています。

レーザー脱毛の研究は1994年、ハーバード大学によって始まり、1996年には理論が確立、Cynosure社がその理論に適合するレーザー装置を開発し、レーザー脱毛が実現したといわれています。そして1990年には米国FDAが一部のレーザー脱毛器を認可して永久減毛効果を認めています。

脱毛とはもはや人として常識的なエチケットなのかもしれない。

マイレージカード

まず、マイレージとは、航空会社が実施している顧客サービスの一種の事です。航空業界では”Frequent Flyer Program”(FFP)と呼ばれることが多いです。航空会社が利用者を増やすために考え出した画期的なシステムの事です。マイレージカードは、航空会社で、航空機の利用距離により、マイルポイントを獲得する事により、一定のポイント数に達すると無料航空券そのほかの賞品と交換できるシステムになっています。このマイレージプログラムを利用するためには航空会社が発行するマイレージカードが必要となります。
マイレージカードには、2種類の機能があります。フライトだけで、マイルを貯めるだけのマイレージカードと、クレジットカード機能がつくマイレージカードがあります。クレジットカード機能付きのマイレージカードでは、航空マイレージ提携クレジットカードの特典内容は航空マイレージプログラムによって大きく異なります。
当初のマイレージカードは「所定の距離だけ飛行機に乗ったら、無料航空券がもらえる」という非常にわかりやすいシステムでした。ところがマイレージカードが大いに人気がでた事から、ホテルやレンタカーといった航空機利用と関連の深い業界が「レンタル代金1ドルごとに1マイル」といった形で提携を開始しました。
さらにクレジットカード会社も「利用代金100円ごとに1マイル」あるいは「自社ポイント制度で貯めたポイントを、10ポイント→100マイルの割合で移行できる」といった形で提携企業として参加してきました。このような背景を経て、マイレージカードと提携する企業はその後も次々に増えています。
もともとは航空会社の顧客サービスだったマイレージカードは、現在は広範囲な消費生活を包含する総合ポイントサービスに発展したと言えます。中には普段まったく飛行機に乗らず、提携企業利用でマイルを貯めて特典航空券に引き換える、いわゆる「陸マイラー」と呼ばれる人も少なくありません。
また、カードによって、還元率は違いますが、普通のカードの3倍の所もあります。クレジット機能無しも当然あります。ただ、クレカ付きですと日常の買い物などでマイルが貯まりますので貯まりやすいです。たとえばJALカードでJALの航空券を買えばショッピングマイルとフライトマイルと両方貯まりますし、JALカードでANAの航空券を買えばJALにショッピングマイル、ANA(カードなどがあれば)にはフライトマイルが貯まります。
このように、マイレージカードは、各種カードの知識を知った上で、有効に使う事ができます。

活性ペプチド

アミノ酸20種類の一つ一つが異なる役割を持って作用し、結合すると活性ペプチドという更に異なる役割を持った物質になります。活性ペプチドを構成している元はアミノ酸ですが、そのアミノ酸とは全く違う新しい物質になるという点が大きな特徴です。結合される目的は、絶えず起こる体内組織の変化に対し、その時に“最も必要な働き”を行う為です。

例えると、空腹時である時、血液中では血糖値が下がる低血糖状態が起こり始めます。空腹時低血糖が長く続くと、中枢神経に異常をきたし、倦怠感が強くなります。その内、交換神経にも異常をきたし、発刊作用などが現れます。更に進行すると、深い昏睡状態に陥ってしまいます。その低血糖の抑制・改善の為に、グルカゴンという血糖値を一定に保つ働きを持つホルモンで、肝細胞にあるグリコーゲンを分解・促進させます。この空腹時の場合の“最も必要な働き”とは、“下がってしまった血糖値を正常に戻す為に、糖を補充して一定に保つ働き”です。

吸収・消化・代謝・排泄といった生命維持活動が、滞りなく行えるよう、状況に応じて形を変え、必要な働きをする物質です。プラセンタには、傷付いたり弱ったりした組織の修復や、免疫の調整、薄毛・脱毛の改善や防止、血圧の調整、食欲の調整、代謝の改善、諸器官の病状回復、精神的なストレスの緩和といった心身への様々な効能が見られます。バランス調整や予防効果といったこれらは、活性ペプチドの働きによる影響が大きいと思います。

手足指脱毛

指毛は男性ホルモンと関係がある体毛です。生えてくる場所や濃さなどは遺伝も関係してくるようです。

剃刀で手の指毛を脱毛する場合には片手でしかできないので、皮膚がたるんだ状態で脱毛することになります。たるんだまま深剃りしようとすると角質をそぎ取ってしまうので気をつけましょう。

また、手の甲に毛が生えるのは男性では珍しくありませんが、女性でも生えている人はいます。女性だと特に気になってしまう部分だと思います。

手の甲に生えている毛は剃刀で剃るとかえって、毛穴が目立ってしまう場合もあるので剃刀はお勧めできません。

手の甲に生えている毛には毛穴を小さくする効果もあるレーザー脱毛がお勧めです。ただ、あまり皮膚の厚い部分ではないので痛みを伴う場合があります。

手足指脱毛であれば、サロンやクリニックでも数百円~できるところもあるのでお試しとしてやってみるのもいいかもしれません。

今まで紹介した部位以外にも、ひざやひじ、顔、えりあし、お腹なども気になる部分です。

男性であれば口まわりの鬚や、首、腕、胸毛なども気になる個所なようです。

どの部位にしても自己処理よりは、サロンやクリニックでプロに任せる方が確実で、安心何より、肌への負担を考えると自己処理はなるべくやめたほうがいいのかもしれません。