ゴーヤの青汁

ゴーヤは沖縄料理で一躍有名になった野菜です。苦みがあるため、ニガウリとも言います。東南アジアでよく食べられていて、日本でも沖縄などで作られています。ゴーヤは食べる薬として伝わってきました。沖縄の人が長寿なのは、ゴーヤを食べているからかもしれません。料理で使われているのは熟していない緑色のゴーヤです。

 

ゴーヤ特有の成分としてリノレン酸が豊富に含まれています。肌を健康に保つビタミンCやがんの予防や眼精疲労に効くベータカロテンが含まれています。苦みのもとはモモルデシンとチャランチンという成分です。この成分には血糖値や血圧を下げる効果があります。他にも食物繊維やビタミンK、ミネラルなどたくさんの成分が含まれています。食物繊維はセロリの約32倍、ビタミンCはレモンの約5倍と言われています。苦みがありベータカロテンが多く含まれているので、子供やお年寄り、妊婦さんは注意が必要です。

 

ゴーヤの青汁は飲みやすく改良されたものが出てきていますから、ゴーヤの苦みが苦手だという人でも安心して飲むことができます。豆乳やはちみつを加えるとマイルドになって飲みやすいです。他の野菜とブレンドされている青汁も試してみる価値がありそうです。質の良いゴーヤは有機栽培で無添加、ゴーヤを余すところなく使っている青汁だと思います。種やワタの部分には大切な栄養がたくさん詰まっているからです。国産だとより安心して続けられますね。

太陽光発電

太陽光発電は、英語では“Photovoltaic power generation”といい、太陽光を太陽電池でそのエネルギーを変換し発電するシステムです。ソーラー発電とも呼ばれています。近年の温暖化対策や2011年3月11日の東日本大震災以降、電力不足が懸念されており、民間企業での開発や一戸建て住宅への設置など、注目度が近年大きくなってきています。ソーラーカーレースなどでもその知名度は上がってきていますのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

太陽光発電の長所として、主な特徴をあげますと、一つには、発電部分(セルといいます)が他の発電方式と違いタービンを回すなど可動部分が無く、設備の磨耗や劣化などによる機械的な故障が起きません。二つ目には、その設置規模に関わらず発電効率が一定となりますので、一般住宅など小規模での発電や、大規模な設備設置や、設置個所の分散も可能です。三つ目に、発電する時に有害な廃棄物や、冷却水などの使用、発電機械が出す排気及び騒音、振動がありません。4つ目に発電のピークが昼間の電力需要とピークが重なり、いわゆる供給される電力の節電効果があります。いわゆるクリーンで環境に優しい発電方法といえます。しかし、太陽光発電には短所もあります。その主なものは、電力量当たりのコストが他の発電方法に比べて割高な場合が多いようです。また、太陽光を必要としますので、夜間は発電せず、昼間でも天候の変化や日影、パネルの汚れ、地方によっては火山灰、降雪などで遮蔽されると、その分出力が落ち、発電量が大きく変動します。簡単に言うと電力発生率が不安定なのです。

一部の企業や、一般家庭でもソーラーパネルを設置して太陽光発電で使用電力の大部分を賄っているようですが、それでも電力会社からの送電と併用して電力を使用しているのが現状です。現在では、太陽光発電によって発生した電力を、蓄電池などで蓄電し、夜間の電力に充てることも可能になってきました。昨年から日本全国で電力供給量が不足するといった報道がなされています。計画停電なども施策として検討されていますが、電力を自前で用意するといった防衛策として検討する必要がでてきた時代といっても過言ではなさそうです。

ヨモギの青汁

ヨモギとはどういった野菜でしょうか。ヨモギはキク科の植物で日本では鍋やおひたし、天ぷら、餅などでとてもなじみのある食べ物です。ヨモギには胃を丈夫にしたり、冷え症やアトピーの改善、保湿効果が知られています。最近では韓国のヨモギ蒸しが有名になり、女性が体の冷えを改善するのに使われています。また殺菌作用もあり、傷の手当にも使われます。血液をさらさらにしたり便秘にも効果があります。咳止めやお灸にも使われ、薬草としても用途が幅広いです。

 

ヨモギ特有の成分としてビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、オレイン酸、リノール酸などの成分があり、ヨモギの香りの成分となっています。またヨモギにはクロロフィルが含まれ、体の中の有害な成分を取り除いたり、血圧を安定させ、コレステロール値を下げる効果があります。他にもダイエット等に効果があるシオネール、花粉症やがんの予防に効果があるフラボノイド、コレステロール値を下げるコリン、がんの予防やホルモンバランスの改善に効果があるカリオフィレンも含まれています。

 

ヨモギはいろいろな使われ方をしています。体の中からヨモギの効果を実感してみたい方は、ヨモギの青汁を試してみてはいかがでしょう。ヨモギの特徴として強い香りがあります。この香りが苦手な人ははちみつや牛乳を加えてみてください。いろいろな飲み方があるのでブレンドして楽しんでください。それでも苦手な方は避けたほうが良いかもしれません。

ムコ多糖体

細胞・組織・器官などの間を、栄養補給や保護が損なわれないように結び付けている物質です。水分を体内に溜める保湿性に優れたスポンジ機能や、関節を動き易くするクッション機能を持っています。30代近くになると、その数は徐々に減少していき、同時に老化現象も見え始めてきます。水分保存の働きがあるという事は、美肌や老化の改善に欠かせません。プラセンタに含まれている代表的なムコ多糖体は、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸です。聞いた事があるという方も多いと思います。他には、ケラタン硫酸・デルマタン硫酸・ヘパリンなどがあります。高い保湿効果の他に、眼球の透明性や弾力性の保持、骨の成長促進、コレステロール値の調整などの作用も持っています。

結果、骨粗鬆症・動脈硬化・高血圧症などの予防に役立ちます。

又、がんの発生時に出来る血管が作られるのを抑制する働きがあるのも、老化防止と並んで大きな役割です。この血管が出来るのを抑えると、正常な肝臓の働き・正常な代謝・肥満や動脈硬化の予防につながります。このようなムコ多糖体が不足状態になると、関節が滑らかに動かなくなります。変形性膝関節症や腰椎椎間板ヘルニアなどを引き起こす原因となったりします。美容面で、たるみ・シワ・シミに悩まされるようになってしまいます。

ヒアルロン酸は、僅か1グラムで6リットルの保水が可能です。血液・体液といった水分は、身体を生成する6割を占めるので、その不足には気を付ける必要があります。

脇脱毛

脇毛は女性にとってとても厄介な体毛といっても過言ではないかもしれません。

最近では毛が生えるのを遅らせるローションや、毛の濃さを薄くするローションなども販売されているようです。

毎日のお手入れが必要な脇毛ですから、こういったローションで効果が得られれば毎日のお手入れがだいぶ楽になるかもしれません。

脇毛は季節関係なくお手入れする方が多いと思いますので、時間をお金に余裕があればサロンやクリニックに通って脱毛する方が、長い目で見てお得と言えるでしょう。

現に、脱毛の中で最も行われているのが脇脱毛です。

脇脱毛にもさまざまなやり方があります。

ジェルを脇に塗って光を照射し脱毛する光脱毛・フラッシュ脱毛。痛みはほとんどなく、長続きするといわれています。芸能人やモデルなどにも人気の方法で、年に6回で2万円というのが相場です。

また、針を毛穴にひとつひとつ差し、電気を流して毛根を焼き切る針脱毛。痛みもあり、時間も費用も光脱毛よりかかります。相場ですが両脇で30万前後します。しかし永久効果は期待できます。

また、医療用レーザーを照射するレーザー脱毛。光脱毛に比べ痛みはやや感じる方もいるようです。費用は1回1万円程度が相場です。