明日葉の青汁

明日葉とはどんな野菜でしょうか?明日葉は日本原産のセリ科の野菜です。味にくせがあり、葉や茎を天ぷらやおひたし、バター炒めなどにして食べます。ビタミンB1やビタミンB2を豊富に含みます。明日葉が近年注目されているのは、ケールよりも栄養価が高いところです。例えば、ビタミンB2はケールの1.6倍、食物繊維は1.5倍と言われています。そのほかの野菜と比べても、カリウムやベータカロテン、ビタミンEなど多くの成分が豊富に含まれています。

明日葉の特徴として、カルコンとクマリンいう成分があります。カルコンはポリフェノールの一種で、抗菌作用を持ちます。胃酸の分泌を抑制したり、血液をサラサラにする効果があります。さらにカルコンやクマリンの成分の研究がされていて、がんの抑制や糖尿病の合併症の予防も期待されていますし、セルライト解消やコレステロールの低下、アトピーや便秘の改善、髪や肌を健康に保つなどの効果も検証中です。この成分は明日葉をのぞいてもほとんどなく、茎や葉、根の中で黄色いねばねばした液体をしています。

 

実際に明日葉の青汁を選ぶ際のポイントを紹介します。明日葉は房総半島、伊豆半島、伊豆諸島などで生産されています。生産地が海外で加工が国内という物も出回っています。生産方法や含有量などは異なりますから、よく確認してから購入しましょう。明日葉はお茶やサプリメントにもなっていますから、青汁の味が苦手という人は、サプリメントを利用してみるのも良いかもしれません。

無添加化粧品の成分表示

無添加化粧品を購入しようと思う理由は何ですか。安全・安心だから、などという考えではないでしょうか。実は無添加化粧品と言われている化粧品はメーカーなどによっても成分の表示方法などが違います。ある程度の知識が必要となってきますね。ところで、表示指定成分という言葉を聞いたことがあるでしょうか。表示指定成分は旧厚生省によって義務付けられた成分の表示方法なのですが、7割近くの方が知らないと言われています。この表示指定成分は、石油合成成分で皮膚障害を起こす原因があると思われる成分の中から、アレルギーや皮膚毒素、発ガン性などの過去の事例より報告された成分を2001年の3月までに表示が義務付けられました。その成分の種類は102種類あると言われています。現在、化粧品に使用が認められている成分は7000種類を超えると言われており、この表示指定成分は中でも最も危険な高度の有害成分の表示になります。ですが、表示指定成分に指定されていないからといって、ほかの成分が安全な成分という事ではありません。ヨーロッパでは約5000種類もの成分が表示指定成分に規定されています。日本では、その内のたった102種類だと考えるとなんだか不安になりますよね。無添加に対する不安よりも、最も有害な成分などをあらかじめ学習する必要があると言えるでしょう。2001年4月からは、全成分表示が義務付けられており、これまでの表示指定成分は「旧表示指定成分」などと明記されております。購入する前にネットなどで成分の確認をする事をおすすめします。

ケールの青汁

ケールの青汁とはどういったものでしょうか。ケールは青菜の中でも栄養分が高いとされています。アメリカのスーパーなどでは簡単に入手できますが、日本食としては馴染みがなく、日本のスーパーなどでの流通はとても少ないようです。ですから、ケールを取り入れてみたいという方にも、青汁は手軽な方法と言えます。また昔から流通している青汁といったらケールの青汁です。青汁に飲みなれている人にとっては、ケールの青汁の苦みが好きだという人も少なくありません。

 

ケールとは地中海から小アジア原産のアブラナ科の野菜です。キャベツやブロッコリーの原種です。日本には明治時代に伝わってきました。栄養はキャベツと比較をするとビタミンやたんぱく質、食物繊維などたくさんの栄養価が高いです。他の野菜に比べてもその栄養価の高さに注目され、青汁に利用されるようになりました。便秘や高血圧、動脈硬化を防ぎ、肺がん・胃がん・直腸がんなどの発症リスクも抑える効果があります。

 

ケールのみを使用した青汁は苦いと言われています。改良された商品も多く出ていますが、苦みが苦手な方は、ケールに大麦若葉や明日葉などがブレンドされた青汁を探してみましょう。また海外の加工された青汁は作用が強いことがあります。人によってはおなかがゆるくなる人もいるので、無理をすることはありません。使用するケールの青汁は国産で無農薬の安心できるケールを使用している物が良いでしょう。

走行距離の確認

走行距離は自動車購入のために知っておく必要な重要項目である。売り主も買い主も走行距離に関する知識を身に付けておこう。

本来現在表示されている走行距離が本来の走行距離よりも少ない場合に、走行距離の異常となる。走行距離の異常は次のような原因で起こる。スピードメーターの故障によるメーター交換を行った場合、正規ディーラーにて交換修理していなかったり、修理交換履歴を証明する記録簿を紛失した場合は走行距離不明の扱いになる。また社外アフターパーツのメーターへの取替えも同様に不明扱いとなる。

自分が売り主になる場合には、自動車の走行距離を事前に調べる事ができる。これは日本オートオークション協議会が実施している走行メーター管理システムというもので、自動車がオークションにて流通した時に個々の自動車の走行距離がチェックされ、蓄積された流通データを走行距離の不正防止目的で利用できるようになっているものだ。一般のユーザーでも、手元に車検証や車検証のコピーなどの車両詳細が分かるものがあれば、走行メーター管理システム加盟店・受付窓口などに依頼すれば誰でも利用する事ができる。

走行距離の改ざんや詐欺は個人売買で最も多い不正である。不正は人間の習性上隠す傾向にあり、それを防止する策としては自動車売買契約書に記載することによって証拠を残す、また事前に車検証コピーを貰って走行メーター管理システムを利用することにより、対処できるだろう。

核酸

人間の身体は、約60兆個の細胞の集まりです。最初は一つの細胞ですが、20歳頃までには、60兆個ほどの細胞に分裂します。核酸はその全ての細胞内に存在する、細胞分裂を命令し、遺伝子を正常に保つ役割を持ったいわゆる「細胞の核」と言える物質です。不足してしまうと新陳代謝にダイレクトに響きます。加齢とともに、その数は減っていきますが、食べ物で摂取すれば体内で再び合成されます。

核酸には2種類あり、核の外側がDNA(デオキシリボ核酸)、核の内側がRNA(リボ核酸)となっています。DNAが蛋白質を構成しているアミノ酸の設計を構築し、RNAがそれに基づきアミノ酸を生成します。よって、全ての細胞への分裂を命令するのが核酸なのです。

DNAとRNAを構成する主な成分は、アデニン・グアニン・ウラシル・シトシン・チミンなどがあります。それぞれ異なる構造・役割ですが、いずれも細胞の新陳代謝に大きな影響を与えます。末梢血管拡張作用は、血流の流れを良くし、冷え性を改善します。心筋梗塞・動脈硬化などの予防にもなります。抗酸化作用は、シワやたるみ、しみの改善などの肌の老化を抑制するので美肌効果が見られます。

又、脳細胞は細胞の中でも唯一、細胞分裂をしません。この脳細胞を活発にするのは、RNAの方です。RNAには、認知症防止の作用があると言われています。

細胞分裂は一定の周期で行われ、新しい細胞へと生まれ変わります。その際、核酸が不足していると、正常な命令が伝わらず、免疫力が低下したり老化の進行を早めてしまったりします。