青汁の成分

ここでは青汁に含まれている成分について説明したいと思います。青汁にはケールの青汁や明日葉、大麦若葉の青汁などいろいろな種類があります。それらの中で主に含まれている成分について説明します。

 

まず主な成分です。ビタミンにはビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCが含まれています。ビタミンAは、視覚や皮膚、粘膜を保つ働きがあります。ビタミンB1は脳の中枢神経や末梢神経の機能を正常に保つ働きがあります。ビタミンB2は皮膚や爪、髪の毛を健康に保つ働きがあります。ビタミンCは免疫力を高めたり肌をきれいに保つ働きがあります。これらのビタミンはサプリメントで摂取することもできますが、青汁だとバランス良く効率的に補うことができます。

 

ビタミン以外の成分には、たんぱく質、脂質、糖質、リン、カルシウムなどがあります。たんぱく質は筋肉や骨、血液など様々なところで必要とする栄養です。脂質は体温を保ったり皮膚をきれいに保つ働きなどがあります。エネルギーとしても必要な栄養です。糖質はエネルギー源として利用されます。リンは歯や骨の主成分になります。カルシウムは骨や筋肉の働きを助けるだけでなく情緒を安定させる働きもあります。

 

その他の栄養分には、鉄分、マグネシウム、亜鉛などがあります。鉄分は主に酵素を体内に運ぶ働きをします。マグネシウムはリンやカルシウムのように歯や骨の働きを助けたり、神経を安定させたり、筋肉や酵素の働きを助けます。亜鉛は骨や皮膚の成長を助けたり、免疫力を高めたり、生殖機能の働きを助けます。これらの成分のほか、それぞれの野菜によって青汁の成分も異なってきます。青汁の種類ごとに説明していますから、そちらをご覧ください。

青汁の歴史

何故青汁が注目されているのか

今はドラッグストアやスーパー、通信販売などいろいろなところで見かける青汁。昔は栄養補給のために飲まれていました。今はダイエットや野菜不足を補うために飲まれています。栄養補給という点では変わりないのですが、食生活は随分と変わりました。昔はケールが主に使われていましたが、大麦若葉や明日葉、桑の葉などいろいろな種類の青汁が登場しました。それだけ青汁は注目されているのかもしれません。

 

青汁は昔から存在していた

日本での青汁の記録は医心方という950年も前の平安時代の医書に搗汁、擣汁、杵汁という名前で残されています。16世紀の中国の本草網目にも記されています。昔は日本には色の表現で緑という言葉はなく、青で表現されました。昔は戦後の栄養不足を補うために飲まれていて、薬のような存在だったようです。使われずに残っている野菜や家庭で採れた野菜を使っていました。岡山県倉敷市の遠藤医学博士によって広まったとされています。生食療法は西洋でも流行していて、栄養をそのまま摂れるだけでなく、生野菜にある酵素も摂ることができると言われてきました。生の葉を利用してきたのが、絞り汁を利用するようになったようです。昭和の時代ではテレビのCMや罰ゲームにより、まずい飲み物として認知されてきました。しかし近年の健康志向により種類が増え、普及されるようになりました。このように体に良いものだと認識されながらも、食生活の変化とともに青汁の必要性も変化してきました。

リビングインテリア

リビングと言うのは、家族全員が集まれる場所です。そのため、リビングに風水インテリアを使ってバランスを整える事によって、家庭運を上昇させる事ができます。

まず、リビングに風水インテリアを取り入れる前に、リビングを徹底的に掃除をしましょう。リビングの外に出せるものは外に出して、ソファーがあった場合にはソファーをずらし、部屋の隅なども忘れずに綺麗に掃除をしましょう。

 

次にリビングのメインとなる家具のソファーは、出入り口から出来るだけ遠くに離し、部屋全体が見渡せるような上座のポジションに配置するのがよいでしょう。配置する際には、出入り口と対面になることは避けるように気をつけましょう。

 

そして、最後に家具の高さをそろえるということです。家具の高さがばらばらだと落ち着きが無いような配置になってしまいますし、背の高い家具には圧迫感のようなものを感じてしまいます。リビングと言う場所は、家族がくつろぐものだとかんがえ、ゆったりと落ち着けるような雰囲気を目指す事が大切です。そのためには、背の低い家具を使うことで部屋の空間に余裕を持たせたり、家具同士のスペースにゆとりを持たせたりしましょう。

 

リビングインテリアであまり使わないほうが良い物もしっかりと覚えておきましょう。

まず一つ目に、黒いテーブルにビニールクロスといった組み合わせです。黒色というのは水の気を持っているとされ、ビニールクロスは火の気を持っているとされています。そのため、この二つと言うのは相性が悪いとされているので、なるべく避けるか、組み合わせを変えるようにしましょう。

 

二つ目に、丸いテーブルです。丸い天板のテーブルは気の回転がよく、安定しないのでリラックスを目的とした部屋作りの場合には適していないので注意しましょう。

三つ目に電化製品が多い事です。電化製品が多いと、気が散ってしまい、落ち着かない部屋になってしまいます。テレビはともかく、なるべく他の家電製品は別の部屋に移動するようにしましょう。