青汁

みなさんは青汁がどんな飲み物か知っていますか?「名前は聞いたことがある」「健康に良いイメージがある」という人は多いと思います。けれど実際にどれだけ健康に良いのかや、どんな味がするのかは試してみないと判らない部分も大きいと思います。そこで今回、青汁をこれから試してみたい方、興味がある方のために青汁について徹底解説してみたいと思います。

まず、青汁について名前を知っているけれど飲んでいない人は、青汁をどのようなイメージで見ているのでしょうか。おいしくない・高い・飲み続けることができないといった声も多いと思います。大体が緑色の飲み物ですし、昔のCMやテレビのバラエティ番組の罰ゲームといった映像によるイメージもあるのかもしれません。けれど、今数ある青汁の多くはとても飲みやすくておいしいですし、進化していると思います。今と昔では食生活も違いますから、飲み方や摂りたい栄養も変わってきて当然ではないでしょうか。例えば、昔は栄養が摂れることが一番に考えられていたかもしれないけれど、今なら味や手軽さも求められています。それにお年寄りと子供が同じだけの栄養を必要としているかというと、そうとも言えません。青汁という存在があるのに飲まないのはもったいないことです。もちろん、1人1人の生活習慣は多様化していますから、自分なりにこつこつ続けられる方法を見つけることも大切です。

青汁については実は昔から様々な研究結果が報告されてきました。どのような人がどのように取り入れているか、青汁をやめたとしたら何故やめてしまったのか、青汁を飲んだ人と飲まない人の違いなど細かく報告されています。もしこれらの情報を活用できたら、もっと青汁は身近なものになりますし、今後の商品開発や改善になったり、私たちが活用しやすくなると思います。このサイトは、ただの商品おすすめではありません。皆さんに親しんでもらえるよう、そういった研究結果についても触れてみたいと思います。

プラセンタの種類

プラセンタの主な原料は、人・羊・豚・牛・植物などです。本来、プラセンタとは胎盤を意味する英語ですが、この場合のプラセンタは胎盤に含まれる栄養素の事です。従って、プラセンタから抽出されるプラセンタ・エキスを指します。

人プラセンタは、医療面でよく使われています。人間のプラセンタは出産後、東京の場合ですと医療廃棄物として処理されます。よって、人プラセンタは産婦人科から手に入れる事になります。プラセンタを使用する際、妊婦の許可は必要ありません。但し、満期の正常分娩により出産したプラセンタである事・母体の血液検査と感染症にかかっていない事などの条件をクリアしなければなりません。羊・豚などのプラセンタは、美容面で利用される事が多いと言われています。しかし豚のように飼育されている時、多くの仲間と一緒に飼育され場所が一か所のみという事から、感染症にかかりやすいのです。その為、抗生物質などを大量投与して飼育するという欠点があります。近年、馬プラセンタからより高濃度なプラセンタが抽出出来るという事が言われるようになりました。理由として、一度の出産で生まれる胎児の数の違いです。豚の場合は10頭近くに対し、馬の場合は一頭です。同じ臓器でもその濃度に差が出るという事だそうです。

植物プラセンタは、種子に含まれている胎座などから形成されます。サプリメントにおいてよく使われています。

プラセンタはまだ研究段階にあり、一般的に証明されていない事柄が多い未知のものです。

プラセンタの歴史

日本でプラセンタが最初に世に出たのは、江戸時代の頃です。現在の石川県である加賀で、秘薬の原料として使われました。「紫河車」という漢方で、韓国の『東医宝艦』という漢方医学書に載っています。朝鮮時代の医学書で、日本や中国へも広まりました。

その後、日本では医師たちがプラセンタを使った療法を試みるようになり、プラセンタ・エキスを使ったプラセンタ注射などが開発されていきました。ところが、韓国でプラセンタ療法が盛んになったのは2005年頃からだと言われています。美容大国で知られる韓国ですが、プラセンタを使った治療が見られるようになったのはごく最近の事のようです。元々、医学界の偏見が少ないので、今では日本を追い越す勢いでプラセンタ療法は浸透しています。

一方、中国では紀元前より治療薬としてプラセンタは使われていたそうです。また、医学に基づき美容面でも重宝され、楊貴妃は美容の為にプラセンタを使っていたと言われています。秦の始皇帝は、不老長寿の薬としていたそうです。紀元後の唐の時代、漢方薬として「胞衣(なえ)」「人胞(じんぼう)」と書物に記されます。「紫河車(しかしゃ)」と記されるようになったのは、明の時代に入ってからです。この名称は、現在の中国の薬事典においても使われています。「紫」は帝王、「河車」は北方の生気という意味だそうです。

同じく医療に利用していた点では、古代ギリシャでも使われていたという説があります。

紀元前、古代ギリシャで「医学の父」と呼ばれたヒポクラテスがプラセンタ治療を施していたと伝えられ、「人生は短く、技芸は長い」という有名な言葉を残しました。

寝室インテリア

人間と言うものは、寝ている間に寝室にある運気を取り込んで補充をすると考えられています。そのため、寝室が散らかってしまったりすると嫌な気を吸収する事になるので、明日への活力へと繋がりません。

 

風水インテリアは、玄関の次に大切なポイントとしています。その為、玄関の風水インテリアが終わったら、寝室の風水インテリアを手がけるのがよいでしょう。

寝室の風水インテリアを配置する上で、まずはベッド以外の家具をどけて掃除をしましょう。その際には、寝室の外に出せる家具を一旦全部出す事で、床や壁、部屋の隅などを掃除し易くしましょう。

 

次に、カーテンが一重のものであった場合には二重のものに替えます。これは、寝室と言うのは運を吸収する為の部屋なので雲気を逃がさないようにする必要があります。この際に、カーテンが一重だと旺気が窓から逃げていってしまうので、カーテンを二重にすることで運気が逃げて言ってしまう事を防ぎます。カーテンを二重にする場合には、レースやカーテンと言った組み合わせが、一番自然かもしれません。

 

そして、ベッドの位置を決めます。実は寝室風水インテリアで、もっとも重要だと考えられているポイントは枕の位置です。人間と言うのは、寝ているときに頭から吸収するといわれているので、枕の方向、つまりベッドの自体の法学が大切になってきます。

理想の状態としては、頭が冷たく足が温かいといった状態なので、北に方角を合わせると運気がなだらかになります。北の方角は、金運も向上するといわれています。

 

逆に、運気を下げてしまうのが南と西です。この方角は熟睡を妨げる恐れがあるので避けるようにしましょう。

因みに、寝室インテリアで駄目だとされている事も覚えておきましょう。

 

一つ目には、寝ている姿が鏡に映る状態になることです。寝ている姿が鏡に映ってしまうと、折角自分で吸収している状態にある運気が鏡の中の自分に奪われてしまう事で運気が半減してしまうのです。そのため、寝室のインテリアをしているうえで、どうしても鏡に寝ている姿が映ってしまう場合などには、鏡に布をかけておくなどをしましょう。これは、テレビをおいてある場合にも言えることですよ。

 

二つ目に、家具の角がベッドを指してしまう事です。家具の角がベッドを指してしまうと、角に切られてしまうと言う事になるので風水ではあまりよくない状態です。これもインテリアを設置する上で、どうしても避けられない場合には観葉植物などをおいてみましょう。

三つ目に、縫いぐるみなどを置く事です。風水では、ぬいぐるみなどは陰気がたまりやすくなるので、避けるようにしましょう。