胎盤の構造

胎盤は、妊娠2ヶ月を過ぎた頃から形成が始まり、妊娠4~5ヶ月頃には完成します。母体と胎児との栄養や酸素交換を目的としており、母体と胎児それぞれの組織から形成された構造になっています。

まず、胞胚が子宮粘膜にくっ付き、着床を始める為に深部へ伸びていきます。すると、栄養膜が合胞体性栄養膜・細胞性栄養膜の2つに分かれます。そして、着床された子宮は段々と大きくなっていき、栄養膜により母体の血液で満たされる為の絨毛間腔が作られます。

やがて、羊水と言われる弱アルカリ性の液が蓄積されていきます。

胎児方の胎盤は、羊膜によって包まれています。その内側は羊膜腔と呼ばれる空洞になっており、羊水で満たされ、胎児が体内で動けるようにする役割をします。更にその境は絨毛膜板と呼ばれ、枝のように形成された分枝絨毛があります。基底脱落膜と言われる胎盤を形成する為の機能層に付着しています。基底脱落膜は母体方の組織で、床脱落膜とも言われます。

母体方の胎盤は、その基底脱落膜より絨毛膜板に向かって突き出ていて、胎盤中隔と呼ばれています。

これらの中を介して、栄養や酸素の供給を始め、老廃物などの交換が行われています。物質交換は絨毛膜有毛部が大きく関係しており、胎児方の組織です。そうした中で、母体と胎児の血液は決して交わるような事は起こらないようになっています。例え、母体と胎児の血液型が違っていても、です。胎盤は、人智では計り知れない生命誕生に欠かせない神秘的な仕組みを持っています。

玄関インテリア

玄関といえば、顔の家とも言われる場所です。風水でも、玄関と言うのは旺気という良い気が入ってくる場所であり、最も大切場所として位置づけられています。

 

その為、金運をあげたいと考えている方も、恋愛運をあげたいと考えている方も、その源となる玄関自体の風水的にインテリアコーディネートをしなければなりません。そうしなければ、全ての風水の効果が半減してしまうからです。

 

それでは、まず玄関のインテリアの基本ですが、第一条件として清潔である事が挙げられます。そのため、全ての物をどけ、玄関の隅や普段行わないような下駄箱の中まで掃除をして綺麗にしましょう。

 

次に、玄関全体の明るさをチェックします。旺気は明るい場所を好む傾向にあるので、暗い玄関は避けましょう。電球などが古くなったら新しく交換するようにし、テーブルランプなどを置く事によって柔らかくて明るい雰囲気を持つ玄関を演出してみましょう。光物を置く事もお勧めです。

 

そして、人をひきつけたり良い気を呼び込む効果を持つ、良い香りを上手に使いましょう。生け花が出来るのであれば、それでも構いません。しかし、自信が無かったりからしてしまったりするのではもったいないので、そういう場合は芳香剤などでも大丈夫です。芳香剤などをおく場合には、ドラッグストアなどで売っている物をそのまま置くのではなく、陶器の入れ物などに入れて、玄関が安っぽく見えないようにするように心がけましょう。

また、玄関の風水インテリアにおいてあまりお勧めできないものもあります。

 

まず、靴が出したきりになっている事です、これは、見た目にも汚く、下駄箱があるのに遣わないと言う事で気が散ってしまったりする事につながります。

次に、ドライフラワーやアートフラワーを置く事です。これは、死んでいる花を置いてしまうと陰気がこもってしまうので避けましょう。

 

そして、人形や縫いぐるみ、犬の置物などをおくのもやめましょう。

人形などは旺気を吸収してしまいますし、犬の置物は旺気と喧嘩してしまう兆候にあります。

若者が使う言葉アンチエイジング

若者が使う言葉で、アンチエイジングは、シワやたるみをなくす、若返りのものかと思います。アンチエイジングは、とくに女性が気になることでもあり、若者は、シワやたるみ等を気にする方たちも多く、その予防で早くアンチエイジングをはじめる方たちが多くなっていることは知っていることかと思います。アンチエイジングは、簡単にできるものでもあり、料金が掛かるものや、掛からないものと、若者でも利用できるのが多いですよね。食べ物等でアンチエイジングをする方や、食べ物以外での、エステに通ってのもの、通販等で販売されている、サプリメント等、たくさんのアンチエイジングはあるかと思います。アンチエイジングは、若いうちにおこなうことが、シワやたるみを防ぐこともでき、時間のない方たちでも、自宅でできるものはたくさんあるかと思います。アンチエイジングは、ネットでも詳しく掲載されており、自分にあったアンチエイジングをおこなう女性や男性といるかも知れませんね。食べ物やサプリメントでできるのは、よいことかも知れませんね。

胎盤とは?

女性が妊娠して約5週目あたりから子宮内に作られる臓器です。母体から胎児へ栄養や酸素を送り、胎児を確実に成長させる為に一時的に形成されるものです。その時、“成長因子”というプラセンタの代表的栄養素を始め、成長・発育に必要とされる全ての栄養素を作り出し、胎児へと送ります。体内の免疫維持や回復させる役割も担っています。胎児は、供給されたこれらの栄養素を基に、細胞分裂を高速で繰り返し、驚異的な速さで成長していきます。この栄養素を受け取る為に、胎児と胎盤の間は臍帯というホースで結ばれています。このホースは、一般的に「へその緒」と呼ばれています。

親の栄養状態が悪くても、子宮内では健康的に育つと言われており、胎盤がいかに多大な影響を胎児に与えるかを物語っています。こうした有効成分を豊富に含んでいる事から、美容や健康、医療分野において利用されるようになりました。

胎盤の形成は、人間だけでなく動物にも見られますが、全ての動物にあるとは確認されていません。鮫を例に取っても、メジロザメ・ホホジロザメなどの一部しか胎盤を作らず、多くの鮫は胎盤を作らない卵胎生です。他には、馬・豚・猿などが胎盤を形成する事が分かっています。動物の種類により、胎盤にも種類があります。

馬や豚などは散在性胎盤、猿やネズミ・人間などは盤状胎盤、牛・山羊・羊などは多胎盤などに分類されます。

出産後、胎盤は体外へと排出されます。これは人間も動物も同様です。

風水インテリアとは

まず、風水と言う事を知っておきましょう。風水とは、私たちの周りの環境が与える心理的影響や、結果を統計したものです。

そして、風水インテリアというのは、衣食住の環境の中での住まいから風水アプローチを考えることであり、これは衣食住の環境の中で、私たちの生活に最も影響力があるものといえます。

 

風水インテリアのメリットとして、まず部屋が綺麗になるということが挙げられます。

部屋が汚いと言うことは、動けるのに動けないといった状態になってしまい気持ちがよどむようになってしまいます。そうすると、部屋の外見も汚れていってしまいます。

そんな中、風水インテリアは、季節ごとに家具やインテリアを移動する必要があるので、結果的に部屋を季節ごとに綺麗に保つことができるようになります。

 

次に、適度な活動性を持つようになることです。風水と言うのは、行為を行う事を真似、行為について理解する事によって自分自身の心理状態を整えていくことができます。これは、いわゆる環境学的心理アプローチだと考えてください。

 

心の動きが良くなれば、身体自身もそれに対応していきます。そうすると、自分を取り巻く様々な状態も動き出し、適度な活動状態を保つ事できると考えられています。

ただ、ここで理解しておくべき事として、風水インテリアは幸せを掴む為の手段であり、最終的な目的ではないという事です。

 

私たちが考えている目的としては、部屋を綺麗にする事で生き生きとするということです。

目標を立てて掃除をしていくと、部屋が段々綺麗になり、幸せを感じる事ができます。

風水インテリアと言うのは、つまずいたときに投げ出さないためにも自分自身の心の運びを成長させる手助けをしてくれるものです。

 

知識や考え方をしっておけば、それだけで立ち止まったときにスムーズに動く事ができます。