照明のインテリアコーディネート 心理的効果

照明の色を温度として表す場合には、色温度というもので表されます。

基本的には、照明の色温度は青・白・赤の分類で色分けをされ、また、明るさ(これを焦土と呼ぶ)よっては、心理的に与える不快感などが大きく変化するといわれています。

 

例えば、暖かい光の色合いを演出したいからと言って演出しすぎてしまうと暑苦しい雰囲気になってしまったり、涼やかな光を演出したいと思っている場合でも無理にしすぎると暗い雰囲気の部屋に成ってしまったりします。

 

そうならない為にも心理的効果を利用する事によって、実際に売っている商品と兼ね合いをさせれば、部屋の効果は一段と増します。

明るさと言うのは測ることもできますが、一般家庭で行う事は難しいので、このサイトやお店などに行ってイメージを膨らませてから照明自体を加減する事で最適な雰囲気への調整が出来ると思います。

 

まず、電球色を使う場合には100lx以下を使用してしまうと部屋が陰気な雰囲気になってしまうし、1000xl以上になってしまうと暑苦しいので注意しましょう。もしも、陰気な雰囲気の部屋の場合には同じ電球色の照明を増やすようにして、部屋の明るさを上げて、明るくする事で部屋にとっても最適な範囲に調節すると良いですし、暑苦しい場合は署名を少しずつ減らしていくことで部屋全体を暗くして調整していく事が良いでしょう。

室内の全体の照明を考える上で大切に考えて生きたいことは、色温度を統一するという事です。

 

色温度が、それぞれ違う部屋というのは雑な印象になりやすいので、落ち着いた心理的要素も得られにくい雰囲気になってしまいます。

例えば主に使っている照明がある場合には、それに合わせて全ての光源を主に使って居照明器具と同じメーカーに統一して、統一する事が大切です。

 

しかし、それは常時点灯させている場合であって、常時点灯させる必要がないデスクライトのような照明器具は、目的に合わせた物をチョイスしても構いません。

マイレージカードの登録

航空会社のマイレージプログラムを利用するには、会員登録が必要になります。

会員登録の方法 各航空会社によって異なりますが、マイレージプログラムへの登録は「無料」が主です。

登録はオンラインで行うのが便利で、簡単だとされています。

理由として、航空会社のサイトですぐに申し込めることもあり、旅行の出発直前に登録しても間に合います。

そして、マイレージ登録の仕方には事前登録、搭乗時登録、事後登録の3種類あります。

■事前登録

各航空会社のホームページで、搭乗予約するときに、お客様番号を入力すれば、後にマイルが加算されます。

■搭乗時登録

旅行等で、搭乗手続きをする際に、機械にANAマイレージカードまたはANAカードを入れる、もしくは、受付の係員にカードを渡せば、数日後にマイルが加算されます。

■事後登録

事前登録、搭乗時登録を忘れたときに搭乗から6ヶ月以内であれば手続きをする事で、マイルを貰うことができます。国内線と国際線で手続きの仕方が違うので注意が必要です。

このように、様々な登録方法があるので、自分にあった登録方法を行うのがよいでしょう。