マイレージカードの歴史

マイレージサービス初めて提供をしたのはアメリカン航空です。

これにより、その後、多くの世界航空会社がマイレージサービスの導入を開始しました。

当時日本での誕生は、アメリカから16年遅れ97年のことです。

航空3社すべて(JAL、ANA、JAS)が実施しました。

そして今、全日空は、マイレージポイントを扱う提携店の拡大を目指しています。

今では、全国に5万5千店舗に拡大しています。全日空にとって、ポイントカードは、日頃、飛行機に乗らないお客さまとの唯一の接点となりました。日常にとけ込むことで、飛行機の利用をより身近なものとして感じてもらい、顧客増加に繋げようという作戦です。

このことから、マイレージサービスを共通化する動きも見られるようになりました。

マイレージカードとは?

マイレージカードとは、マイレージカードとは、主に飛行機を利用する時に使うもので、主に飛行機に乗るとポイントがたまっていくカードの事です。

飛行機を利用すると、マイレージカードにマイレージがたまっていき、たまっていったポイントを様々な用途で使っていきます。旅行が好きな方や、仕事の関係でよく飛行機を利用するような方には、マイレージカードはとても有効にはたらきます。

ところで、近年、マイレージのポイントをためる選択肢は大幅に増えました。マイレージカードがスタートした当初は自社便に乗ってマイルをため、自社便の無料航空券を獲得するのが基本でしたが、アライアンス結成後は加盟各社間でマイルの相互加算と特典の相互利用が可能となったため、サービスがより魅力的なものになりました。

ポイントの貯め方は、後でも詳しく記述しますが、電話、インターネットプロバイダー、レストラン、カラオケ、スポーツセンター、結婚式、タクシー、金融、保険、住宅購入・賃貸、引越、雑誌購読などなど、提携先は多様です。また提携するクレジットカードでの支払いが可能なサービスなら、その都度ポイントが加算されます。加えて、JALのプログラムでは電子マネー「ワオン」、ANAのプログラムでは同じく「エディ」の利用などでもポイントがたまります。

このように、マイレージカードでは、様々なポイントを貯める方法があり、日常生活でも、有効に使う事ができるのです。