インテリアコーディネート

インテリアというのは、私たちが日常生活する室内の装飾品のことです。具体的に例を挙げてみれば、カーテンやカーッペット、更には壁と言った内装材から始まります。他にも、ベッドなどの家具や電気の照明器具、ドアなども含まれて居ます。これらは、洋室ですが、和室ならば襖や畳、障子などが当てはまります。

これらのインテリアは、個々に好きな物を置いては、それぞれが主張しあってしまい、なにやら部屋の中がごちゃごちゃしているイメージになってしまいます。そうなってしまっては、部屋の印象も悪い方向へ向かってしまうことは想像できると思います。

そこで、インテリアの個性を生かし、尚且つ、部屋を好印象づけるために、カーペットやカーテン、照明器具などを調整する事で、部屋全体を纏め上げる事をインテリアコーディネートと呼びます。このことによって、自分の部屋がホテルのように豪華にする事も、モダン風にする事も、北欧風にすることなども出来るのです。

インテリアコーディネートは、まず自分が何を主張したいのか、どこを重要視したいかと言う事を明確にする必要があります。

例えば、自分自身の部屋全体を通した照明について重要とするならば、間接照明をどこに配置するのかと言うことや、ワンルームでの使い方、または寝室でリラックスするためにどのようなプランにするのかといったことを念頭に置いてから、照明器具をそろえる必要があります。そして、部屋全体については照明器具の配置を中心に考えていく事で、まとまりのある部屋にすることが出来ると思います。

そして、インテリアコーディネートを仕事にしたい、資格を取りたいと考えていらっしゃる方にお勧めなのは、インテリアコーディネーターという資格です。

インテリアコーディネーターと言うのは、お客様が家を建てたり、改築などを手がける際に、家具やカーテン、または照明器具などといった商品を選んだり、住宅の提案を担う仕事です。お客様の生活環境に合わせて生活空間を作り出していく仕事なので、細かい気配りなどが出来る女性にぴったりの職業だといえます。