照明インテリアコーディネート 種類と形

照明と言うのは、用途によっては色々な種類やデザインがあり、その数も豊富です。

それを組み合わせる事によって、素敵な部屋作りの手助けとなることは間違いありません。

まず、天井から順に見ていきましょう。

 

天井照明の一つとして、シーリングライトがあります。これは日本の住宅で最も一般的とされる照明インテリアであり、主に引っ掛けるタイプが多いです。このシーリングライトは、長方形やシャンデリアと言ったタイプもあります。

 

二つ目には、埋め込みよう照明があり、これは天井に専用のスペースを作って埋め込みように使われる照明です。主にオフィスなどでよく見かけると思います。

次に壁に使われる照明の一つには、ブランケットというのがあり、これは壁に引っ掛けるように使う用の照明で、部屋などで使われるよりも廊下などの通路に使われることが多いです。

 

床に置くタイプでは、まずスタンドライトがあります。これは、床に置く事で人の目線あたりにちょうどいい具合で光をつけることができる照明です。スタンドタイプはソファーの横などに置く事で、その場の中で限定されたスペースを演出させることに最適だといえます。形には長方系や円形、ボール型といった面白い形のものまであります。

 

床に置くタイプには、フロアランプと言うものもあります。これは、基本的にはスタンド脚が無かったり、脚自体が短かったりするので、床やテーブルなどと言ったものに直接置いて使用します。

 

このように、天井や床などの照明を上手く使い分ける事が、部屋を明るくするために必要です。

アメカジ・古着系におすすめのファッション誌

アメリカを意識したスタンダードな雑誌といえば「Lightning」や「Free&Easy」です。この2誌はファッションスタイルだけでなくライフスタイルやカルチャーも紹介しているので、アメリカ文化が好きな人には特におすすめしたい雑誌です。

大人のカジュアルスタイルが豊富で身近なスタイリングが多い「2nd」は着こなしの参考におすすめです。アメカジにハイエンドなファッションをプラスしたスタイリングに強いのは「SENSE」が参考になります。

アメカジの中でもよりストリート感の強い「street JACK」、サーフ系や西海岸ストリートスタイルを提案している「Fine」、アメカジにトラッドやモードな要素を加えたスタイルの「men’s FUDGE」なども、若い人におすすめです。

アメカジと言えば、ライフスタイルやアイテムに対するこだわりも強いことで知られていますが、カーライフマガジン「DAYTONA」や、アメカジグッズに強い「DAYTONA BROS」、新製品やデザインの優れたグッズが満載の「モノマガジン」も参考になります。

不定期にテーマ別に発刊されるムック本も最近良く見かけますが、アメトラとアメカジに強い「別冊2nd」や「別冊Lightning」といったあたりも見逃せません。

古着系が強いファッション誌は、ヴィンテージショップや古着屋のガイドブック的な「古着屋さん」、読者モデルのスナップが豊富な「古着MIXスタイル」などがおすすめです。