モード系におすすめのファッション誌

モードからカジュアルまでとにかくトレンドを押さえておきたいというおしゃれな人に人気なのは「MEN’S NON-NO」。高感度なアイテムが多くクリエイター志向な人におすすめなのは「HUgE」。ストリート色が強くハイエンドな印象の「SENSE」は、男がかっこいいと思うスタイルをテーマに提案しています。

モードとカジュアルを半々で楽しみたいなら「men’s FUDGE」などがおすすめです。

世界的に出版されている男性向けモード誌の日本版、「VOGUE HOMMES JAPAN」は、ハイエンドなトレンドを知るのに欠かせません。

パリコレクションやミラノコレクションなど、メンズのコレクション情報を知るには、「Fashion News」「gap PRESS MEN」「MEN’S COLLECTIONS」「MEN’S TREND」などが情報量豊富でおすすめです。

海外の雑誌もトレンドに敏感なのでおすすめです。イタリアのモードなメンズファッションマガジン「BOOK MODA UOMO」、イタリアのコレクションが豊富な「SHOW DETAILS」、世界的な男性向けモード誌のイタリア版「L’UOMO VOGUE」、同じくそのフランス版の「VOGUE HOMMES」といったあたりがモード色強めの海外メンズファッション誌です。

ロンドンのエッジィなカルチャーに強いDazed Groupから創刊された、イギリスの「AnOtherMan」、ファッションのほかにアクセサリーや香水などの情報も豊富な「10 MEN」なども個性的で最新情報がわかる海外ファッション誌です。

トマト

トマトは肌のアンチエイジングケアに効果的と言われます。トマトはリコピンという色素成分が含まれており、肌のシミの原因となる、メラニンを抑制する効果があります。また肌をみずみずしく保つためのコラーゲンを増やし、シワやたるみを予防する効果もあるようです。トマトの選び方としては、自然で育った完熟トマトが栄養成分も豊富に含まれているようです。色々なアンチエイジングの実践方法がありますが、この手法の大きい特徴は、トマト自体が普段スーパーやコンビニなどで手に入るものですし、値段も手ごろなことと、そのまま食べても、料理にしても、ジュースにしても、簡単に摂取できるということにあり簡単にアンチエイジングが実践できるということにあります。特に夏場などは水分が不足しがちです。トマトを食べることで同時に水分も補給するので肌を乾燥から守ります。乾燥肌もアンチエイジングの敵です。アンチエイジングを実践して行く上で、トマトを食べることは無理なく長く継続できる誰でもできる手法であると言えます。

サロン系

その名の通り、美容室で働いている美容師やアシスタントスタッフがしているファッションをサロン系と言います。

全体的にフェミニンな雰囲気で、重ね着やアクセサリーなどを多く使うのが特徴です。特に重ね着をするレイヤードスタイルはスタイリングの基本となっています。

素材違いのシャツを重ねたり、ルーズな襟のカットソーを重ねたり、レイヤードすることで個性を出すスタイルはおしゃれ好きな人に向いているスタイルとも言えます。

また、柔らかい素材や透け感のあるアイテムもレイヤードに用いるので、どことなくフェミニンな印象になるスタイリングが特徴です。

このサロン系が登場したのは90年代で、裏原系ブームとともに流行したカリスマ美容師のファッションがベースとなっています。きれいめファッションにアメカジのアイテムや古着など様々なジャンルを取り入れていることから、ミックス感覚や全体のバランス感覚が大事になってくるのでセンスに自信があると言う人におすすめできます。

細身でフェミニンな雰囲気な人、中性的な男性、いわゆる草食系男子など、やわらかい雰囲気を好む人に馴染むファッションとも言えます。

10代のおしゃれに憧れる世代から30代の高感度な美容師まで、幅広い年代に支持されているのも特徴です。年齢層が高めの人には、あまり装飾を重ねるよりもアクセサリーにこだわるなどシンプルな着こなしも多く見られます。

参考になる雑誌は、「CHOKi CHOKi」、「MEN’S NON-NO」などです。

お兄系

お兄系とは、日本で生まれたストリートファッションの一つです。言葉自体が誕生したのは、2003年に創刊50号を迎えた「Men’s egg」誌上でした。

2000年頃から増えだした、ギャル系よりちょっと年上の「お姉系」と呼ばれる女性達とよくいる男性のファッションとして、「お兄系」と呼ばれるようになりました。

お兄系は、雑誌ゲイナーをお手本とした男性セレブを意識した着こなしの「正統派お兄系」と、雑誌メンズエッグのモデルがお手本の「ギャル男的お兄系」の大きく2つに分類できます。

ギャル男的お兄系はホストのファッションに影響されており、ゴージャスかつワイルドなテイストがこの系統の特徴です。黒を基調にシルバーやゴールドのプリントや装飾がある服を好み、「盛る」ヘアスタイルも特徴的です。シルバーアクセサリーや尖った革靴、サングラスなどのアイテムも好まれています。

このお兄系にも、アメカジ系やサーファー系のファッションを取り入れた着こなしをしたり、蛍光色やヒッピースタイルを取り入れた「デリッカー」と呼ばれるスタイルなどもあり、実に広いカテゴリーとも言えます。

ギャル系やお姉系の女性に人気が高いのでそういった人にモテたい男性におすすめです。

アクセサリーやブランドにこだわると、全身コーディネートするのにかなり高額になることもあるので、やはりホストや男性セレブに人気があるのも頷けます。しかし、通販などで安価に手に入るアイテムもありますので、10代や20代前半の学生にもチャレンジしやすいファッションではないでしょうか。

参考になる雑誌は、Men’s egg、MEN’S KNUCKLEなどです。