リビングインテリア

リビングと言うのは、家族全員が集まれる場所です。そのため、リビングに風水インテリアを使ってバランスを整える事によって、家庭運を上昇させる事ができます。

まず、リビングに風水インテリアを取り入れる前に、リビングを徹底的に掃除をしましょう。リビングの外に出せるものは外に出して、ソファーがあった場合にはソファーをずらし、部屋の隅なども忘れずに綺麗に掃除をしましょう。

 

次にリビングのメインとなる家具のソファーは、出入り口から出来るだけ遠くに離し、部屋全体が見渡せるような上座のポジションに配置するのがよいでしょう。配置する際には、出入り口と対面になることは避けるように気をつけましょう。

 

そして、最後に家具の高さをそろえるということです。家具の高さがばらばらだと落ち着きが無いような配置になってしまいますし、背の高い家具には圧迫感のようなものを感じてしまいます。リビングと言う場所は、家族がくつろぐものだとかんがえ、ゆったりと落ち着けるような雰囲気を目指す事が大切です。そのためには、背の低い家具を使うことで部屋の空間に余裕を持たせたり、家具同士のスペースにゆとりを持たせたりしましょう。

 

リビングインテリアであまり使わないほうが良い物もしっかりと覚えておきましょう。

まず一つ目に、黒いテーブルにビニールクロスといった組み合わせです。黒色というのは水の気を持っているとされ、ビニールクロスは火の気を持っているとされています。そのため、この二つと言うのは相性が悪いとされているので、なるべく避けるか、組み合わせを変えるようにしましょう。

 

二つ目に、丸いテーブルです。丸い天板のテーブルは気の回転がよく、安定しないのでリラックスを目的とした部屋作りの場合には適していないので注意しましょう。

三つ目に電化製品が多い事です。電化製品が多いと、気が散ってしまい、落ち着かない部屋になってしまいます。テレビはともかく、なるべく他の家電製品は別の部屋に移動するようにしましょう。

寝室インテリア

人間と言うものは、寝ている間に寝室にある運気を取り込んで補充をすると考えられています。そのため、寝室が散らかってしまったりすると嫌な気を吸収する事になるので、明日への活力へと繋がりません。

 

風水インテリアは、玄関の次に大切なポイントとしています。その為、玄関の風水インテリアが終わったら、寝室の風水インテリアを手がけるのがよいでしょう。

寝室の風水インテリアを配置する上で、まずはベッド以外の家具をどけて掃除をしましょう。その際には、寝室の外に出せる家具を一旦全部出す事で、床や壁、部屋の隅などを掃除し易くしましょう。

 

次に、カーテンが一重のものであった場合には二重のものに替えます。これは、寝室と言うのは運を吸収する為の部屋なので雲気を逃がさないようにする必要があります。この際に、カーテンが一重だと旺気が窓から逃げていってしまうので、カーテンを二重にすることで運気が逃げて言ってしまう事を防ぎます。カーテンを二重にする場合には、レースやカーテンと言った組み合わせが、一番自然かもしれません。

 

そして、ベッドの位置を決めます。実は寝室風水インテリアで、もっとも重要だと考えられているポイントは枕の位置です。人間と言うのは、寝ているときに頭から吸収するといわれているので、枕の方向、つまりベッドの自体の法学が大切になってきます。

理想の状態としては、頭が冷たく足が温かいといった状態なので、北に方角を合わせると運気がなだらかになります。北の方角は、金運も向上するといわれています。

 

逆に、運気を下げてしまうのが南と西です。この方角は熟睡を妨げる恐れがあるので避けるようにしましょう。

因みに、寝室インテリアで駄目だとされている事も覚えておきましょう。

 

一つ目には、寝ている姿が鏡に映る状態になることです。寝ている姿が鏡に映ってしまうと、折角自分で吸収している状態にある運気が鏡の中の自分に奪われてしまう事で運気が半減してしまうのです。そのため、寝室のインテリアをしているうえで、どうしても鏡に寝ている姿が映ってしまう場合などには、鏡に布をかけておくなどをしましょう。これは、テレビをおいてある場合にも言えることですよ。

 

二つ目に、家具の角がベッドを指してしまう事です。家具の角がベッドを指してしまうと、角に切られてしまうと言う事になるので風水ではあまりよくない状態です。これもインテリアを設置する上で、どうしても避けられない場合には観葉植物などをおいてみましょう。

三つ目に、縫いぐるみなどを置く事です。風水では、ぬいぐるみなどは陰気がたまりやすくなるので、避けるようにしましょう。

玄関インテリア

玄関といえば、顔の家とも言われる場所です。風水でも、玄関と言うのは旺気という良い気が入ってくる場所であり、最も大切場所として位置づけられています。

 

その為、金運をあげたいと考えている方も、恋愛運をあげたいと考えている方も、その源となる玄関自体の風水的にインテリアコーディネートをしなければなりません。そうしなければ、全ての風水の効果が半減してしまうからです。

 

それでは、まず玄関のインテリアの基本ですが、第一条件として清潔である事が挙げられます。そのため、全ての物をどけ、玄関の隅や普段行わないような下駄箱の中まで掃除をして綺麗にしましょう。

 

次に、玄関全体の明るさをチェックします。旺気は明るい場所を好む傾向にあるので、暗い玄関は避けましょう。電球などが古くなったら新しく交換するようにし、テーブルランプなどを置く事によって柔らかくて明るい雰囲気を持つ玄関を演出してみましょう。光物を置く事もお勧めです。

 

そして、人をひきつけたり良い気を呼び込む効果を持つ、良い香りを上手に使いましょう。生け花が出来るのであれば、それでも構いません。しかし、自信が無かったりからしてしまったりするのではもったいないので、そういう場合は芳香剤などでも大丈夫です。芳香剤などをおく場合には、ドラッグストアなどで売っている物をそのまま置くのではなく、陶器の入れ物などに入れて、玄関が安っぽく見えないようにするように心がけましょう。

また、玄関の風水インテリアにおいてあまりお勧めできないものもあります。

 

まず、靴が出したきりになっている事です、これは、見た目にも汚く、下駄箱があるのに遣わないと言う事で気が散ってしまったりする事につながります。

次に、ドライフラワーやアートフラワーを置く事です。これは、死んでいる花を置いてしまうと陰気がこもってしまうので避けましょう。

 

そして、人形や縫いぐるみ、犬の置物などをおくのもやめましょう。

人形などは旺気を吸収してしまいますし、犬の置物は旺気と喧嘩してしまう兆候にあります。

風水インテリアとは

まず、風水と言う事を知っておきましょう。風水とは、私たちの周りの環境が与える心理的影響や、結果を統計したものです。

そして、風水インテリアというのは、衣食住の環境の中での住まいから風水アプローチを考えることであり、これは衣食住の環境の中で、私たちの生活に最も影響力があるものといえます。

 

風水インテリアのメリットとして、まず部屋が綺麗になるということが挙げられます。

部屋が汚いと言うことは、動けるのに動けないといった状態になってしまい気持ちがよどむようになってしまいます。そうすると、部屋の外見も汚れていってしまいます。

そんな中、風水インテリアは、季節ごとに家具やインテリアを移動する必要があるので、結果的に部屋を季節ごとに綺麗に保つことができるようになります。

 

次に、適度な活動性を持つようになることです。風水と言うのは、行為を行う事を真似、行為について理解する事によって自分自身の心理状態を整えていくことができます。これは、いわゆる環境学的心理アプローチだと考えてください。

 

心の動きが良くなれば、身体自身もそれに対応していきます。そうすると、自分を取り巻く様々な状態も動き出し、適度な活動状態を保つ事できると考えられています。

ただ、ここで理解しておくべき事として、風水インテリアは幸せを掴む為の手段であり、最終的な目的ではないという事です。

 

私たちが考えている目的としては、部屋を綺麗にする事で生き生きとするということです。

目標を立てて掃除をしていくと、部屋が段々綺麗になり、幸せを感じる事ができます。

風水インテリアと言うのは、つまずいたときに投げ出さないためにも自分自身の心の運びを成長させる手助けをしてくれるものです。

 

知識や考え方をしっておけば、それだけで立ち止まったときにスムーズに動く事ができます。

ワンルームテクニック

一般的に、部屋に積極的に照明インテリアを取り入れるような方はまだまだ少ないと思います。

しかし、照明器具を上手に使うことによって部屋に雰囲気を簡単に変えることができるので、気分転換にも向いています。例えば、全体照明を消して、間接照明器具などのみで部屋を明るくしてみれば、部屋の雰囲気がまったく違うものになります。

 

ワンルームには、たまにガラス障子などがあります、そのガラス障子の裏にスポットライトなどの照明器具を置いて、ぼんやりと光るような感じに仕上げれば、まどろんでいるようなレトロな雰囲気が出てきます。

また、ラックの上にデスクライトを置いてスポットライトのように活用することも出来ます。

 

そして、お勧めなのが観葉植物とスタンドライトを組み合わせる事です。この場合に観葉植物に似ている細目のスタンドライトを選ぶことで、消灯時も違和感は少なく、更に気がライトアップされることで幻想的な雰囲気になります。

他にも、ローテーブルがあるならば、天板裏に間接照明を取り付けることもできます。この下にラグなどをしけば、柔らかい雰囲気を演出する事もできます。

 

出窓があるならば、出窓にテーブルランプを置いて、カーテンを引けば、ぼんやりとした明かりを寝る前に眺める事ができ、落ち着いた雰囲気をかもし出す事ができます。

 

最後に、部屋全体を電球色にまとめてしまうことも構いませんが、思い切ってブルーライトでライトアップしてみたり、一部分だけ白色のライトなどにすることで、照明同士の遊びやメリハリをつけることが出来るので疲れにくくなったりします。

また、観葉植物などを置いたり、そう言ったことをたのしめるのも照明インテリアコーディネートを楽しむ醍醐味ではないでしょうか。

ライトアップ 照明のインテリアコーディネート

ライトアップには色々なところで活躍できるということは大きな利点です。

まず、暗い部屋でテレビを見るが好きな方もいらっしゃると思いますが、そのままでは目には非常に悪影響を及ぼしかねます。そうならない為にも、テレビの裏に間接照明を使ってライトアップをしてはいかがでしょうか?

 

テレビは広い面積を持っているので、絶好の間接照明の場所だと思います。簡単にライトアップをしたい場合には、普通のデスクライトなどをテレビの裏側において照らすことです。もう少し、高度にライトアップをしたい方は、テーブルランプを使い、電球のカラーを数個揃えて、その日の気分でかえるといったことも出来ます。

 

テレビのライトアップで気をつけてほしいのが、ライトアップしたときにテレビ台の裏や埃といったものも照らし出されてしまうので汚い印象になりがちな点です。この点を気をつけてテレビのライトアップをすれば、光が綺麗な印象になりますし、とてもリフレッシュされると思います。

 

次に、ベッドのライトアップです。実は、ベッドでのライトアップは安眠への手助けをしてくれます。私たちの身体というのは、全体照明を消し、部屋全体を真っ暗な状態にするよりも、徐々に照明を抑えていったほうが安眠し易い傾向にあると考えられています。

 

主に、ベッドの下をライトアップしたりしますが、ベッド自体に照明器具を差し込む事が難しい場合もあります。そのような場合には、ベッド横に置く間接照明やタイマーつきテーブルランプなどを常時に利用してみましょう。

部屋の広さに必要な明かり

部屋の明るさの基準には、様々な単位がありますが、一般的な指標はW数です。

しかしながら、部屋が明るいと感じるか、暗いといった風に感じるかについては、個人の明るさの好みや感じ方などによっても違ってきますし、更には部屋の家具の配置の仕方や、壁紙の色や心理的な影響といったことによっても変わってきます。

 

そのために、どれだけのW数があれば必要十分なあかりであるということの基準は明確ではなく、上記でも挙げた心理的影響や部屋の家具の配置などと言った要素を考慮して、照明を選択する必要性があります。

 

一畳あたりにおけるW数の基準は、メーカーごとによって異なりますが、個人の明るさの感じ方や好み、部屋でどのように使うかによっての必要とされる明るさの違いなどは考慮されては居ませんので、選択する際には注意する必要があります。

 

また、W数と言うのは消費電力の単位として表されています。そのため、選択するランプの種類や、光の色などによって同じW数を選んだはずでも明るさの感じ方が全く異なってしまう場合があるので、このことにも注意が必要です。

 

ランプの種類としては、白熱灯は三十~四十Wが一畳あたりに必要とされるW数です。次に蛍光灯ですが、これは白熱灯よりも低く十~二十Wです。そして、ボール型蛍光灯ですが、これは蛍光灯と大体同じですが十二Wです。

 

よく照明器具などには適用畳数が記載されていますが、その殆どの意味がその照明器具一台で描かれている畳数の広さを十分照らせる事を前提としている表示です。このため、複数の照明器具を使って部屋の雰囲気を作り出そうと考えている方は、そのことも頭に入れておくことが必要です。

照明のインテリアコーディネート 心理的効果

照明の色を温度として表す場合には、色温度というもので表されます。

基本的には、照明の色温度は青・白・赤の分類で色分けをされ、また、明るさ(これを焦土と呼ぶ)よっては、心理的に与える不快感などが大きく変化するといわれています。

 

例えば、暖かい光の色合いを演出したいからと言って演出しすぎてしまうと暑苦しい雰囲気になってしまったり、涼やかな光を演出したいと思っている場合でも無理にしすぎると暗い雰囲気の部屋に成ってしまったりします。

 

そうならない為にも心理的効果を利用する事によって、実際に売っている商品と兼ね合いをさせれば、部屋の効果は一段と増します。

明るさと言うのは測ることもできますが、一般家庭で行う事は難しいので、このサイトやお店などに行ってイメージを膨らませてから照明自体を加減する事で最適な雰囲気への調整が出来ると思います。

 

まず、電球色を使う場合には100lx以下を使用してしまうと部屋が陰気な雰囲気になってしまうし、1000xl以上になってしまうと暑苦しいので注意しましょう。もしも、陰気な雰囲気の部屋の場合には同じ電球色の照明を増やすようにして、部屋の明るさを上げて、明るくする事で部屋にとっても最適な範囲に調節すると良いですし、暑苦しい場合は署名を少しずつ減らしていくことで部屋全体を暗くして調整していく事が良いでしょう。

室内の全体の照明を考える上で大切に考えて生きたいことは、色温度を統一するという事です。

 

色温度が、それぞれ違う部屋というのは雑な印象になりやすいので、落ち着いた心理的要素も得られにくい雰囲気になってしまいます。

例えば主に使っている照明がある場合には、それに合わせて全ての光源を主に使って居照明器具と同じメーカーに統一して、統一する事が大切です。

 

しかし、それは常時点灯させている場合であって、常時点灯させる必要がないデスクライトのような照明器具は、目的に合わせた物をチョイスしても構いません。

インテリアコーディネート

インテリアというのは、私たちが日常生活する室内の装飾品のことです。具体的に例を挙げてみれば、カーテンやカーッペット、更には壁と言った内装材から始まります。他にも、ベッドなどの家具や電気の照明器具、ドアなども含まれて居ます。これらは、洋室ですが、和室ならば襖や畳、障子などが当てはまります。

これらのインテリアは、個々に好きな物を置いては、それぞれが主張しあってしまい、なにやら部屋の中がごちゃごちゃしているイメージになってしまいます。そうなってしまっては、部屋の印象も悪い方向へ向かってしまうことは想像できると思います。

そこで、インテリアの個性を生かし、尚且つ、部屋を好印象づけるために、カーペットやカーテン、照明器具などを調整する事で、部屋全体を纏め上げる事をインテリアコーディネートと呼びます。このことによって、自分の部屋がホテルのように豪華にする事も、モダン風にする事も、北欧風にすることなども出来るのです。

インテリアコーディネートは、まず自分が何を主張したいのか、どこを重要視したいかと言う事を明確にする必要があります。

例えば、自分自身の部屋全体を通した照明について重要とするならば、間接照明をどこに配置するのかと言うことや、ワンルームでの使い方、または寝室でリラックスするためにどのようなプランにするのかといったことを念頭に置いてから、照明器具をそろえる必要があります。そして、部屋全体については照明器具の配置を中心に考えていく事で、まとまりのある部屋にすることが出来ると思います。

そして、インテリアコーディネートを仕事にしたい、資格を取りたいと考えていらっしゃる方にお勧めなのは、インテリアコーディネーターという資格です。

インテリアコーディネーターと言うのは、お客様が家を建てたり、改築などを手がける際に、家具やカーテン、または照明器具などといった商品を選んだり、住宅の提案を担う仕事です。お客様の生活環境に合わせて生活空間を作り出していく仕事なので、細かい気配りなどが出来る女性にぴったりの職業だといえます。

照明インテリアコーディネート 種類と形

照明と言うのは、用途によっては色々な種類やデザインがあり、その数も豊富です。

それを組み合わせる事によって、素敵な部屋作りの手助けとなることは間違いありません。

まず、天井から順に見ていきましょう。

 

天井照明の一つとして、シーリングライトがあります。これは日本の住宅で最も一般的とされる照明インテリアであり、主に引っ掛けるタイプが多いです。このシーリングライトは、長方形やシャンデリアと言ったタイプもあります。

 

二つ目には、埋め込みよう照明があり、これは天井に専用のスペースを作って埋め込みように使われる照明です。主にオフィスなどでよく見かけると思います。

次に壁に使われる照明の一つには、ブランケットというのがあり、これは壁に引っ掛けるように使う用の照明で、部屋などで使われるよりも廊下などの通路に使われることが多いです。

 

床に置くタイプでは、まずスタンドライトがあります。これは、床に置く事で人の目線あたりにちょうどいい具合で光をつけることができる照明です。スタンドタイプはソファーの横などに置く事で、その場の中で限定されたスペースを演出させることに最適だといえます。形には長方系や円形、ボール型といった面白い形のものまであります。

 

床に置くタイプには、フロアランプと言うものもあります。これは、基本的にはスタンド脚が無かったり、脚自体が短かったりするので、床やテーブルなどと言ったものに直接置いて使用します。

 

このように、天井や床などの照明を上手く使い分ける事が、部屋を明るくするために必要です。