マイレージカード

まず、マイレージとは、航空会社が実施している顧客サービスの一種の事です。航空業界では”Frequent Flyer Program”(FFP)と呼ばれることが多いです。航空会社が利用者を増やすために考え出した画期的なシステムの事です。マイレージカードは、航空会社で、航空機の利用距離により、マイルポイントを獲得する事により、一定のポイント数に達すると無料航空券そのほかの賞品と交換できるシステムになっています。このマイレージプログラムを利用するためには航空会社が発行するマイレージカードが必要となります。
マイレージカードには、2種類の機能があります。フライトだけで、マイルを貯めるだけのマイレージカードと、クレジットカード機能がつくマイレージカードがあります。クレジットカード機能付きのマイレージカードでは、航空マイレージ提携クレジットカードの特典内容は航空マイレージプログラムによって大きく異なります。
当初のマイレージカードは「所定の距離だけ飛行機に乗ったら、無料航空券がもらえる」という非常にわかりやすいシステムでした。ところがマイレージカードが大いに人気がでた事から、ホテルやレンタカーといった航空機利用と関連の深い業界が「レンタル代金1ドルごとに1マイル」といった形で提携を開始しました。
さらにクレジットカード会社も「利用代金100円ごとに1マイル」あるいは「自社ポイント制度で貯めたポイントを、10ポイント→100マイルの割合で移行できる」といった形で提携企業として参加してきました。このような背景を経て、マイレージカードと提携する企業はその後も次々に増えています。
もともとは航空会社の顧客サービスだったマイレージカードは、現在は広範囲な消費生活を包含する総合ポイントサービスに発展したと言えます。中には普段まったく飛行機に乗らず、提携企業利用でマイルを貯めて特典航空券に引き換える、いわゆる「陸マイラー」と呼ばれる人も少なくありません。
また、カードによって、還元率は違いますが、普通のカードの3倍の所もあります。クレジット機能無しも当然あります。ただ、クレカ付きですと日常の買い物などでマイルが貯まりますので貯まりやすいです。たとえばJALカードでJALの航空券を買えばショッピングマイルとフライトマイルと両方貯まりますし、JALカードでANAの航空券を買えばJALにショッピングマイル、ANA(カードなどがあれば)にはフライトマイルが貯まります。
このように、マイレージカードは、各種カードの知識を知った上で、有効に使う事ができます。

マイレージカードの使い方

マイレージカードで貯めたマイルにもさまざまな使い方があります。

マイレージの本来の目的は、航空券をもらうことです。

ですから、航空券と交換するのが、最も特なのだと思います。

また、飛行機を利用すると言うことは、旅行や田舎に帰るなど、息抜きになることに使うことになりますから、とても思い出になり、そして、お得感がわいてくるのです。

航空券は、国内、国外のもので、しかもグレードを選択する必要があります。

もちろん、遠くに行けば行くほど、また、グレードが高ければ高いほどマイル数が多く必要になります。

しかし、せっかくポイントは貯めたのに、旅行をするつもりがなかったり、ショッピングもしない時は、ポイントやクーポンに交換が可能です。

ANAの10,000マイル=10,000円で、電子マネーの「Edy」や「Suica」 「PASMO」「Tポイント」などのポイントに交換できます。航空券と比較すると、還元率は少し落ちますが、 期限切れで無駄にしてしまうよりは有効に使った方がいいと思います。

JALのクーポンは、JALホテルなどで宿泊費としても利用可能になっています。

マイレージカードの貯め方

マイレージカードでは、さまざまなマイルを貯める方法があります。

やはりマイルといえば飛行機で貯める方法が主流です。

もちろん、搭乗距離が長ければ長いほど、多くのマイルが貯まります。

よって、旅行好きや出張の多い人にとっては、とってもお得な貯め方です。

基本的に、搭乗距離に応じてマイルがたまるシステムになっていますが、

ビジネスクラス等の運賃の高いクラスを利用した場合に限っては、

通常のマイルよりも1.25倍~1.5倍多くマイルがたまるシステムになっています。

注意しなければいけない点として、割引プランを利用した場合、

もらえるマイルも少なくなってしまいます。

マイルの貯め方のもうひとつに、提携クレジットカードを使って、ショッピングをする方法があります。

または、そのお店が発行しているポイントを、マイルに交換することも可能になっています。

その他には、会員登録するだけでも、簡単にマイルを貯めることができます。

飛行機なんてあまり乗らない、そんな人々でも、日常的にマイルを貯めることは可能です。

ショッピングやサービスでマイルを貯めて、好きなところに旅行にいけるのがマイレージカードのサービスのいい所でしょう。

また、その他には、オンラインショッピング、車購入、カラオケ、不動産、転職での様々なサービスでマイルをためる事が可能となってきています。

自分のライフスタイルに、似合ったマイルの貯め方で、マイレージカードを有効に使う事が大切となります。

マイレージカードのサービス

マイレージを貯めるには、クレジットカードで貯めるのが、一番効率がよいと思います。

マイレージカードのサービスにあたって、日本国内で飛行機を利用しようと考えているなら日本国内の航空会社であるANA(全日空)のマイレージサービスかJAL(日本航空)のマイレージサービスを利用してマイルを貯めるのがとてもお得なのではないかと思います。

ANAやJAL等航空会社と提携しているクレジットカードを使用する事によってマイレージをお得に貯める事が出来ます。

他には、ライフマイレージカード、楽天マイレージカード、ダイナースクラブカード等も有名です。

クレジットカードで、マイレージを貯める方法として、ショッピング等でカードを利用したときに付与されます。

クレジットカードのポイントを航空マイレージに移行できるというサービスもあります。

クレジットを使う事が多くなった現代では、マイレージ付きのクレジットで、ショッピングをする事によって、ポイントが貯まっていくわけですから、一番マイレージを貯めやすい方法ともいえるでしょう。

百貨店やデパート、タクシー、飲食店等色々ありますので、情報収集は欠かせません。

貯まったポイントは、ETCでの通行料金に還元できてしまいます。

ETCマイレージサービスに登録すれば、高速道路の通行料が戻ってくる、ということです。

マイレージカードの登録

航空会社のマイレージプログラムを利用するには、会員登録が必要になります。

会員登録の方法 各航空会社によって異なりますが、マイレージプログラムへの登録は「無料」が主です。

登録はオンラインで行うのが便利で、簡単だとされています。

理由として、航空会社のサイトですぐに申し込めることもあり、旅行の出発直前に登録しても間に合います。

そして、マイレージ登録の仕方には事前登録、搭乗時登録、事後登録の3種類あります。

■事前登録

各航空会社のホームページで、搭乗予約するときに、お客様番号を入力すれば、後にマイルが加算されます。

■搭乗時登録

旅行等で、搭乗手続きをする際に、機械にANAマイレージカードまたはANAカードを入れる、もしくは、受付の係員にカードを渡せば、数日後にマイルが加算されます。

■事後登録

事前登録、搭乗時登録を忘れたときに搭乗から6ヶ月以内であれば手続きをする事で、マイルを貰うことができます。国内線と国際線で手続きの仕方が違うので注意が必要です。

このように、様々な登録方法があるので、自分にあった登録方法を行うのがよいでしょう。

 

マイレージカードの歴史

マイレージサービス初めて提供をしたのはアメリカン航空です。

これにより、その後、多くの世界航空会社がマイレージサービスの導入を開始しました。

当時日本での誕生は、アメリカから16年遅れ97年のことです。

航空3社すべて(JAL、ANA、JAS)が実施しました。

そして今、全日空は、マイレージポイントを扱う提携店の拡大を目指しています。

今では、全国に5万5千店舗に拡大しています。全日空にとって、ポイントカードは、日頃、飛行機に乗らないお客さまとの唯一の接点となりました。日常にとけ込むことで、飛行機の利用をより身近なものとして感じてもらい、顧客増加に繋げようという作戦です。

このことから、マイレージサービスを共通化する動きも見られるようになりました。

マイレージカードとは?

マイレージカードとは、マイレージカードとは、主に飛行機を利用する時に使うもので、主に飛行機に乗るとポイントがたまっていくカードの事です。

飛行機を利用すると、マイレージカードにマイレージがたまっていき、たまっていったポイントを様々な用途で使っていきます。旅行が好きな方や、仕事の関係でよく飛行機を利用するような方には、マイレージカードはとても有効にはたらきます。

ところで、近年、マイレージのポイントをためる選択肢は大幅に増えました。マイレージカードがスタートした当初は自社便に乗ってマイルをため、自社便の無料航空券を獲得するのが基本でしたが、アライアンス結成後は加盟各社間でマイルの相互加算と特典の相互利用が可能となったため、サービスがより魅力的なものになりました。

ポイントの貯め方は、後でも詳しく記述しますが、電話、インターネットプロバイダー、レストラン、カラオケ、スポーツセンター、結婚式、タクシー、金融、保険、住宅購入・賃貸、引越、雑誌購読などなど、提携先は多様です。また提携するクレジットカードでの支払いが可能なサービスなら、その都度ポイントが加算されます。加えて、JALのプログラムでは電子マネー「ワオン」、ANAのプログラムでは同じく「エディ」の利用などでもポイントがたまります。

このように、マイレージカードでは、様々なポイントを貯める方法があり、日常生活でも、有効に使う事ができるのです。